スタッフから

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11   

映画館で映画を観る...『BLUE/ブルー』

21/4/13

コロナ禍で外出事を控えなければならない状況の中...

自分でできるかぎりのウイルス感染防止対策をとりながら、
ウイルス感染防止対策をとっている施設に出かけてみる...。
もちろん他人に推奨できることではございませんし、
出かけたことで批判を受けるかもしれません。
 
でも私(ノリ)...映画は映画館で観たい派なのです。
現状、映画館は普通に営業をしています。
(映画館によって感染防止対策は様々です...)
『鬼滅』ピーク時の劇場がどんな感じだったのかわかりませんが...
今は『エヴァ』を上映している映画館以外は(たぶん)すいています。
 
4月9日に公開になった邦画『BLUE/ブルー』。
どうしても気になっていた映画だったので公開早々観に行きました。
この映画の製作関係者の方々は残念でしょうが...
館内はとてもすいておりました。
空調、観客数、もろもろ...上映前はお寒い雰囲気でもありました。
 
 
ブルーl1.jpg
 
 
でも、映画はアツかったですよっ!(←褒め方がベタですね...笑)
ボクシングジムを題材にした青春映画。
リアルで日常感あふれるこんな映画がけっこう好み。アタリでした!
なんだか清々しい気分で劇場をあとにしました。
(後ろめたい気持ちなく、出かけられる日々が待ち遠しいです...ノリ)

本年もよろしくお願いいたします。

21/1/05

2021年。

本年も「大極宮」をよろしくお願いいたします。
 
 
仕事始めの4日、
事務所の近く...乃木神社に初詣に行ってきました。
 
同じように、近所で働いている方がチラホラといった感じで...
意識しなくても自然なソーシャルディスタンス。
静かで、いちだんと厳かな雰囲気でした。
 
私(ノリ)は毎年、『勝守』を買って、
邪なお願い事ばかりしておりましたが...
さすがに今年は、「新型コロナ終息」だけを祈りました。
 
 
2021初スタッフ1.jpg
 
何とも言えない空気感のなか、
境内でスマホを出すのも気が引けたのですが...
1枚だけパシャ。
(あぁ、構図がダメですねえ...残念)
 
 
本来であれば、
入場する際に手水をして身体を清める手水舎は、
今は順路として、退場するときに前を通ります。
暖かい明りで、緊張が解け...ほっこりしました。
 
 
2021初スタッフ2.jpg
 
追加で...思わずパシャ。
 
 
早く普通の生活がおくれるよう...
そして、存分にエンタメを楽しめる日がきますように!
(競馬場に行きたいなぁ...ノリ)

今年も一年、ありがとうございました。

20/12/28

今年最初のスタッフブログで、

お気に入り映画について触れましたが...
その後まさか...今のような状況になるとは思ってもいませんでした。
 
いろいろいろいろ、書こうと思えば書くことはたくさんございますが...
あえて、映画。
お正月以降に観た今年の映画の中から、気に入った1作をご紹介。
 
 
2020年末スタッフ1.jpg
 
三池監督の『初恋』。
 
今年はほとんど映画館に行かなかった(行けなかった)のに、
この『初恋』は、劇場で2回観ました。
コロナ禍でタイミングを逃してしまった邦画好きの方...
すでにDVDも出ております。おススメですよ。
 
 
 
そして...
多くの方が同じように悔しい思いをされたことでしょう。
ライブや舞台が、ことごとく中止に追い込まれましたね。
 
私(ノリ)...とってもとっても楽しみにしていた公演が、
偶然にも自粛が始まった3月あたりに集中しておりました。
 
 
2020年末スタッフ2.jpg
 
あまりのショックに写真がピンボケしておりますが...
 
同時期に所持していた、中止になった公演チケットです。
じつはこれ以外にも3、4公演、中止で払い戻しになりました。
(ニコルのファンミーティングはまだ有効みたいですけど...不安)
 
今はオンラインイベントがたくさん開催されておりますが、
早く会場で、生で観たいですね。
あっ、オリンピックのチケットも2種目持っていますけど...
来年、観客を入れての開催は大丈夫でしょうか。
こちらは払い戻しすら危うい感じが...。
 
 
 
...と、なんだか暗い雰囲気になってしまいましたので、
最後は最高に明るい写真を1枚!
 
2020年末スタッフ3.jpg
 
私、まちがいなく今年一番の笑顔をしております! 
個人的には年賀状に使わせていただきたいところでしたが...。
 
阿佐ヶ谷姉妹のお二人からあふれ出ている"福"を皆さまのもとにも!

それでは、良いお年をお迎えくださいませ。
関係者一同。
(ノリ)

11月1日(日)午後11時からEテレにて「怖い絵本」放送。

20/10/30

twitterなどでは告知拡散されておりますが、念のためこちらでも。
岩崎書店刊『いるのいないの』京極夏彦作/町田尚子氏絵がEテレでアニメ化され放送されます。
正確には、のんさんによる朗読×アニメ×ドラマという形で放送されます。

itunoinaino_01.jpg

11月1日(日)午後11時開始です。

今からスマホのアラームをSETですよ。
番組ホームページはこちら。
怖い絵本

なんだか先の話のような気がしていたのですが、放送は明後日の夜です(オーツカ・ハル)。

エキストラ募集はあるのかなあ...

20/9/23

『妖怪大戦争』が映画になるそうです!

 
妖怪戦争21l.jpg
 
今回も妖怪とか付喪神役のエキストラ募集はあるのでしょうか...。
気になります。
 
ちなみに私(ノリ)...
前作では1日だけ、"墨壺"役を仰せつかりました。
 
妖怪戦争22l.jpg
 
クライマックスとなる大集合、大集結場面の撮影後、
個別に、慌てふためくシーンを(延々と)撮っていただきました。
カメラは足元しか映していないのに、頭に墨壺をかぶったままで...。
汗だくになったことを思い出します。
(競馬場でレースが観たい...ノリ)

2012年「夏の妖怪談議」in 錦糸町

20/7/03

今年の予定が色々となくなりました。
今のところイベント二つほどは開催の予定ではあるのですが様子見ですかね。

20200703_01.jpg
写真は2012年に錦糸町で開催された「夏の妖怪談議」です。
ゲストは湯本豪一氏です。この時アマビエ(アマビコ)の話もありました。
本当ならば今年の「夏の妖怪談議」が、来週の土曜日開催予定でした。
とても楽しいイベントなだけに残念です。
また来年の開催を楽しみにしています(オーツカ・ハル)。


久しぶりに日本物怪観光の天野さんにいただいたお化けカードを作りました。
20200703_12.jpg

20200703_04.jpg
専用のカードケースも持っています。

20200703_05.jpg
収集しています。

「大極宮」...本年もよろしくお願いいたします!

20/1/14

2020年!

本年も「大極宮」をよろしくお願いいたします。
 
 
さて...いきなりおススメ映画。
『エクストリーム・ジョブ』
 
2020年初1.jpg
 
 
昨年韓国で公開され、歴代興行収入第1位に躍り出たメガヒット映画。
日本公開を楽しみにしていた作品、めちゃめちゃ面白かったです!!
映画館でこんなに笑ったのは初めてかもしれません。
現状、公開館が少ないのですが...
少々交通費をかけてでも観に行く価値があると思いますよ。
初笑いまだの方、いかがでしょうか。
 
 
韓国映画といえば...むしろ話題は、
『パラサイト 半地下の家族』
ですね。こちらももちろん面白かったです。
 
2020年初2.jpg
 
 
左のチラシは昨年ソウルに行った際入手したもの。
右は日本公開用のものです。
デザインに大きな違いが一つありますが...なぜなんでしょう?
 
(個人的にこの2作が今年のベスト1、2位になるかも...ノリ)

今年も一年、ありがとうございました。

19/12/27

「大極宮」読者の皆さま...
今年も一年、かわらぬお付き合い、
そして、たくさんの応援をありがとうございました。
おかげさまで三人の作家、
それぞれが新刊小説を出すことができました。
 
2019刊行.jpg
 
 
京極...百鬼夜行ワールドから、"今昔百鬼拾遺"シリーズが誕生。
それも3冊! 別々の出版社から3箇月連続刊行という離れ業。
3社統一コンセプトとして、お面を付けた今田美桜さん起用の表紙が
話題にもなりました。
一般応募のイベント、10代を対象にした京極の授業を元にまとめた
『地獄の楽しみ方 17歳の特別教室』。なんとも物騒なタイトルですが、
社会人にもためになる内容になっています。
版元さんが同じとはいえ、まさかの合併で「怪と幽」が創刊。久々の
"巷説百物語"シリーズ『遠巷説百物語』の連載がスタートしました。
それと、橘ケンチさんが中禅寺役を演じた舞台『魍魎の匣』も上演。
来年の夏まで続くデビュー25周年、まだまだいろいろありそうです!
 
 
宮部...「なんとなくSF」ではなく「ちゃんとSF」を書く!...との思いで、
2010年からコツコツ書きためた8作からなる短篇集『さよならの儀式』と、
聞き手が代わって第2章というか、セカンドシーズンに入った
"三島屋変調百物語"シリーズの第6弾『黒武御神火御殿』を刊行。
ライフワークともいえる三島屋シリーズは来年も連載が決まっていて、
この百物語...99話に向かって加速しそうです。
あと、新元号令和の記念に、二十数年ぶりに都内でお徒歩を決行!
この"令和お徒歩日記"書き下ろしを既刊『平成お徒歩日記』に加え、
『ほのぼのお徒歩日記』と改題して新装完全版を刊行しました。
現在(不定期連載を含め)4作品を連載、執筆中。
来年、単行本で読めるのは!?...どうぞお楽しみに。
 
 
大沢...作家生活40周年のスタートは、連載に10年を要した作品、
生原稿プレゼント企画も実施した『帰去来』の刊行からでした。
そして、40周年ギリギリに間に合ったのは...8年ぶりとなる"新宿鮫"!
新展開をむかえたシリーズ長編第11弾『暗約領域 新宿鮫11』。
刊行記念に初の試みとして、ディナートークショーも開催しました。
連載では、日本経済新聞でエッセイを週に1回、半年間担当。
年末には4作目となる"水原(魔女)"シリーズの連載も開始しました。
新宿鮫と並行して執筆していた"狩人"シリーズの『冬の狩人』は...
すでにラストまで書き終わっているのですが、
掲載が遅く始まった媒体、地方の新聞ではまだまだ連載中。
予定では来年の秋ぐらいに単行本が出版されることになっています。
 
 
きっと...2020年も忙しく、賑やかになりそうです。
「大極宮」は毎年がパーフェクトイヤー!!!
それでは皆さま、良いお年をお迎えくださいませ。
関係者一同
(ノリ)

『ソロモンの偽証』..."富士見の奇跡"に遭遇!!

19/12/19

藤野涼子さん(プロフィールはこちら)のファンサイト...
 
富士見ソロ2.jpg
 
 
早々に「涼子組」の組員となった私(ノリ)、
藤野さんが出演している舞台『私たちは何も知らない』
観てきました。
 
富士見ソロ1.jpg
(今後の公演予定など...詳しくは
 企画・制作二兎社公式サイトにてご確認ください)
 
 
12月22日まで東京芸術劇場で上演中の舞台ですが、
私が観たのは最初の公演、11月24日の埼玉県富士見市、
「富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ」での公演。
 
涼子組組員ですからね。いち早く観たかったんです。
それで、ファンサイトから申し込んだチケットの席はなんと最前列。
開場前から上がっていたテンションがさらに上昇しました。
公演は、特徴あるセットを含め作品そのものがとても面白く、
なにより藤野さんが初舞台とは思えない堂々とした演技で...
感動と同時に驚きでもありました。藤野さんすごいです!
 
で、ちょっと戻りますが...
なぜ開場前からテンションが上がっていたのかといいますと、
直前までLABOUM(ラブーム)のミニライブを観ていたからです。
 
また、LABOUMかいっ!
 
...とお叱りをうけそうですが、
ほんとに神がかり的な偶然が重なったのです。
 
この日、「キラリ☆ふじみ」と道路を挟んだ向かいにある
「ららぽーと富士見」の屋外広場で、LABOUM
ファーストアルバム、リリース記念イベントがあったのです。
このイベントの開催が決まったのは11月7日。
すでに舞台のチケットを取ったあとだったのでびっくりしました。
 
日本と韓国でそれぞれ映像化した『ソロモンの偽証』の出演者が、
東京ではない埼玉の、大宮ではない富士見で
道路を隔てたわずか100メートルほどの距離で
同じ時間にそれぞれの芸能活動をするなんて...
奇跡ですよね。
 
ちなみに、ミニライブは13時からと15時からの2回。
藤野さんが出演する舞台の開演時間は14時。
15時の回はあきらめざるをえないのですが、13時の回はOK!
 
ということで...
当日、LABOUMの曲を聴きながら、意気揚々と車で向かいました。
が、しかし...
「ららぽーと富士見」に到着して大ショック!
午前中に降った雨の影響などでステージ準備が遅れ、
ミニライブのスタート時間が13時30分に変更とのアナウンスが。
...なんと。
ミニライブを途中で抜け出さなくてはならなくなりました。
14時何分前まで粘れそうか...。
 
富士見ソロ3.jpg
(ららぽーと、イベント会場ステージ。ライブ直前)
 
 
振り返ると劇場キラリ。
...目測。
全力疾走で2分...は無理だな。3分か...。
 
富士見ソロ4.jpg
 
 
あっ、
ソルビ~ン!
 
富士見ソロ5.jpg
 
 
結局、14時5分前までライブを見て...全力疾走!
こんなに後ろ髪を引かれる思いをしたのは何年ぶりでしょう。
54歳。見知らぬ土地を駆けました。
それでキラリに着いてみると、開演時間10分遅れのアナウンス。
...やれやれ。
おかげで汗も引き、呼吸も整って観劇することができました。
 
 
ああ、すみません。長くなっちゃいました。
と言いつつ...お知らせを。
 
LABOUM ファーストアルバム...『Love Pop Wow‼』
 
富士見ソロ6.jpg
 
興味がわいた方は、日本コロムビアの
「LABOUM公式サイト」でご確認くださいませ。
(来年も応援・推しがテーマ...ノリ)

神保町ブックフェスティバル2019

19/10/29

先日の10月25日/26日におこなわれました神保町ブックフェスティバルに行って参りました。
bookfear_20191029_01.jpg

毎年、目的のブースに行ってその帰りに立ち寄るのですが、お恥ずかしいことに立ち寄って挨拶だけして写真も撮らずに帰ってきてしまいました。誠にすみません...。

お店の様子は世界妖怪ショップ目目連店長さんのtwitterでご覧いただくことができます。

世界妖怪ショップ目目連店長さんのtwitter
(店長さんありがとうございます)

その際に日本物怪観光さんに販売されていた「日本物怪観光の怪人カードシリーズ」の三枚を頂いてしまいました。ありがとうございました。
こちらです。
bookfear_20191029_02.jpg

妖怪小説家。

bookfear_20191029_04.jpg
妖怪探訪家。

bookfear_20191029_05.jpg
妖怪研究家。

知っているような気がするのですが、怪人です。
せっかくなので、組み立てみることに。
bookfear_20191029_03.jpg
日本物怪観光さんのポストカードは何枚も持っているのですが、ハサミを入れるのは初めてです。

bookfear_20191029_06.jpg
完成です。

bookfear_20191029_07.jpg
ユウレイロボ(京都限定)とも一緒に。

bookfear_20191029_08.jpg
今年の戦利品(オーツカ・ハル)。

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11