スタッフから

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9   

本年もよろしくお願いいたします。

18/2/20

このコーナー、ほったらかしで...

気がつけば、旧正月も過ぎておりました。
あらためまして「大極宮」、本年もよろしくお願いいたします。
 
...というわけで、(マクラもなしにいきなり写真)
 
2018初め1.jpg
 
まさに旧正月の2月16日は、落語を聴きにいきました。
小朝師匠とたい平師匠の二人会。
笑いました。豊かで贅沢な時間です。
以前、「週刊大極宮」に書いた気もいたしますが...
たい平師匠がまだ二ツ目だった頃、
オフィスの忘年会に来てくださっていたのですよ。
(その頃の写真...こんど探してみますね)
さらに、年賀状のデザインもしていただいたことがあります。
(そのときの絵...こちらも探してみます)
今となっては信じられないですね。
 
 
わたくし(ノリ)ごとばかりですみません...。
ちょっと前には、演劇も観にいきました。
 
2018初め2.jpg
 
中谷美紀さん主演の「黒蜥蜴」。
素晴らしかったですよ。
腕の痺れの限界に挑戦しながら、
オペラグラスで中谷さんを追い続けました。
 
音楽も含めて、今年もたくさんライブに行きたいです。
(沖縄空手の演武会も迫力ありました...ノリ)

今年も一年ありがとうございました。

17/12/28

読者の皆さま、
今年も一年ありがとうございました。
 
17年末挨拶1.jpg
 
宮部はおかげさまで作家デビュー30周年を迎えることができ、
執筆以外にもたくさんの対談やイベント企画を楽しみました。
そして今は通常業務に戻り、すでに複数の新作に粛々と取り組んでおります。
 
大沢は秋以降に新刊を2冊刊行、
さらにこの年末に連載を2本終えましたので、それらの刊行が待たれます。
あと、2018年は待ちに待った鮫も動きだしそうです。

京極は年明けに待望の新刊&愛蔵版が出ます。どちらもブ厚くなるようです!
で...忘れちゃいけないのが、2013年にスタートした大事業、
監修、編集、修復などなどを担っている「水木しげる漫画大全集」。
すでに補巻、別巻を加えると100巻に達しておりますが...(2017年末現在)
 
17年末挨拶2.jpg

※ちなみにオフィスの本棚では後列の本の上部がちょこっと見えるように、
 前後2列収納にしています。
 
ついに、2018年5月に全巻刊行を成し遂げるときが来ます(...予定では)
偉業達成間近です。
 
...と、3人の作家とも、来年も忙しくなりそうです。 
引き続き「大極宮」をよろしくお願いいたします。
 
皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。
(関係者一同)

創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展

17/10/11

事務所から近いし、
平日は20時までやっているのでいつでも行ける...
と思っていたら、会期ギリギリになってしまいました。
 
これはもう、すごい作品群としか言いようがないですね。
1作1作の思い出や感想を語っていたらキリがないです。
 
17j1.jpg
 
自分の人生をどれだけ豊かにしてくれたことか...。
そして人間形成に多大なる影響を与えてくれました。
悪い影響なんて一切無いと言いきれます。たぶん。
とにかく感謝しながら会場を観て回りましたよ。
 
で、グッズもいくつか購入。
一番のお気に入りはコレです。
 
17j2.jpg
 
さっそく事務所で使っていますが...
 
17j3.jpg
 
一口飲むたびに嬉しくて嬉しくて...。
マンガの力は凄いですね。
 
 
そしてこちらはガラッと変わって...
韓国ミュージカル界を代表する俳優のプレミアムコンサート。
オム・ギジュン、ユ・ジュンサン、ミン・ヨンギ、キム・ボムレさん。
仕事の関係で拝見させていただきました。
 
ホワイエに並んだ祝花がド派手!
 
17k1.jpg
 
今はこのようなライブイベントでも、
SNS用に写真撮影タイムが設けられることが多くなりましたね。
 
17k2.jpg
 
ファンサービスもたっぷりの素晴らしいショーでした。
 
(小説の韓国ミュージカル化も企画中!?...ノリ)

文化庁メディア芸術祭

17/9/20

第20回 文化庁メディア芸術祭を観てきました。

昨年までは事務所近くの国立新美術館で開催されていたのが、
今年の会場は初台にある東京オペラシティ。
個人的にはアクセスが少々不便になりましたが...
入場無料なうえ毎年見応えある展示なので行ってみたしだいです。
今回も見とれてしまう作品がたくさんありましたよ。

そんな中...
マンガ部門の優秀賞を受賞した「山口六平太」のコーナーを発見。
 
高井1.jpg
 
昨年急逝された作画担当の高井研一郎先生には
20年以上、草野球で対戦して遊んでいただきました。
と言うよりも...
試合後の合同打ち上げの席などで、
いつもマジックを披露してみんなを楽しませてくださいました。
 
高井2.jpg
 
展示されていた愛用品をながめていたら
高井先生のやさしい笑顔を思い出しちゃいました...。

この芸術祭の会期は9月28日まで。
ぜひ見学されてみてはいかがでしょうか。
(「NO SALT RESTAURANT」知りませんでした。びっくり...ノリ)

ライブに行って、カフェに寄って...

17/9/04

知り合いのバンド「you Tunes」のライブに行ってきました。

アマチュアバンド活動ではありますが、オリジナル曲がカッコいいんですよ。
音楽のセンス、才能ゼロの私からみると...
楽器を奏でることができる人が羨ましくてしょうがないです。
この日、会場のライブハウスは立ち見が出るほどの大盛況!
 
youライブ1.jpg
 
昼間っからビール片手に...屋外のフェスじゃなくても楽しめました。
 
 
で、ライブとはまったく関係ないところにも立ち寄りました。
 
youライブ2.jpg
 
こちらのカフェを営む企画展会場も大賑わい。
「ガラスの仮面」41周年!!!! 凄い。
(王子、お疲れさまでした...ノリ)

ムットーニ・パラダイス

17/6/29

世田谷文学館で開催されていた企画展

「ムットーニ・パラダイス」。

最終日にようやく観に行くことができました。

 

ムットーニ1.jpg

 

自動からくり人形作家ムットーニさんの作品が

昔から大好きでして、

...といってもなかなか観る機会が少なかったのですが、

今回一気にたくさんの作品を拝見することができました。

個人蔵作品の出展が多く、

次いつ観ることができるかわからないですからね、

3時間ぐらいかけて全作品をじっくり堪能いたしましたよ。

さらに、

ムットーニさんご本人によるギャラリートークにも参加・拝聴、

記念図録にしっかりサインもいただいて...

 

ムットーニ2.jpg 

 

大満足でありました!

(ノリ)

話題の韓国映画

17/3/28

今月日本で公開された話題の韓国映画を観てきました。

 

「哭声 コクソン」

 

コクソンl.jpg

 

 

「お嬢さん」(原題:アガシ)

 

お嬢さんl.jpg

 

 

「アシュラ」

 
アシュラl.jpg

 

 

3本とも見ごたえありました。

とくに「コクソン」は理解できない謎が今も残っていますが...

映画としてのスゴさはいちばんでした。

韓国映画はあいかわらずレベルが高いです。

この3人の監督に「大極宮」作家の小説を原作にして

映画を撮ってもらいたいなあ...と、夢をみてしまいますね。

もちろん「火車」のビョン監督にも。お願いします!

(ノリ)

水木しげる漫画大全集Tシャツ化プロジェクト

17/2/21

届きました。
待ちに待っていた水木しげる漫画大全集Tシャツが届きました。
zenshuu_t_02.jpg
見開きのカラーページです。一反木綿もいます。

こちらプロジェクトの公式サイトです。
水木しげる漫画大全集Tシャツ化プロジェクト

購入の仕方はこのスタッフブログの下のほうにも書いております。
是非あなたも全集の好きなページをTシャツに。
zenshuu_t_01.jpg
今日は寒いです(オーツカ・ハル)。

追記、ぐっときた一言。
zenshuu_t_04.jpg


匣の中には。

17/2/01

本日、百鬼夜行シリーズのブックカバーフレグランスを販売されている、まさめやさんがいらっしゃいました。
masameya_03.jpg
右が中禅寺秋彦、左が榎木津礼二郎フレグランスです。銀座と原宿またオンラインショップでもご購入いただけるようです。
詳細はこちらのサイトをご覧くださいprimaniacs。売れ行き好調とのお話でした。


つきましては別のキャラクターのものも...、というお話でした。まだご提案いただいている段階なので、人物名は控えておきます。
お楽しみに。

とは別に新商品のご提案もいただきました。
masameya_01.jpg
バレッタ(髪留め)です。モデルはヨーコさん。

masameya_02.jpg
匣の中には綺麗な娘が・・・。


masameya_04.jpg
まさめやさんは面白い事お考えになります(オーツカ・ハル)。

韓国ドラマ「ソロモンの偽証」撮影現場見学でソウルへ

17/1/24

今週の放送で最終回を迎える韓国連続ドラマ「ソロモンの偽証」...

残念ながら日本での同時視聴は困難なのですが、

私(ノリ)は、「jtbc局 番組公式サイト」の名場面クリップを観て、

こまめに内容を確認しています。

ハングルがまったくわからなくても、良いドラマだと思えるんです。

日本語吹替えもしくは日本語字幕で観直したいので、

ぜひ日本で買い手がつきますように...お願いします。

 

昨年末、ドラマ撮影現場見学でソウルに行った際、

現地でいろいろな所におじゃまさせていただきました。

 

引っ越し前の「アミューズコリア」オフィス...

ファンが見学できるようになっていましたよ。

 

韓国ソロ番外1.jpg

 

ソウルでのプロモーション、多いんですね。

記念のサインがたくさん残されていました。

 

韓国ソロ番外2.jpg

 

大学路にあるミュージカル劇場。

大学路エリアははじめて足を踏み入れましたが、

演劇と芸術の街でめちゃめちゃ楽しそう!

 

韓国ソロ番外3.jpg

 

知人が支配人を務めるこの劇場で上演されていたミュージカルも、

セリフは理解できなくとも話の内容は伝わってきました。と言いますか、

感動しちゃいました! 言葉はわからないのに...不思議な感覚です。

 

韓国ソロ番外4.jpg

 

麻浦区にある「JTBC」本社ビル。

ドラマ「ソロモンの偽証」の制作局ですが、

パク大統領スキャンダル報道のほうが今は有名ですね。

 

韓国ソロ番外5.jpg

 

同じく麻浦区にある「CJエンタテインメント」。

韓国映画「火車」でお世話になりました。

デジタルメディアシティ駅もあるこのエリアは、

テレビ局や映画会社、制作会社が集まっています。

 

韓国ソロ番外6.jpg

 

その近くにあったオブジェ。

 

韓国ソロ番外7.jpg

 

ソウルってアートな街ですよね。いつも思います。

(ノリ)

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9