スタッフから

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8   

ムットーニ・パラダイス

17/6/29

世田谷文学館で開催されていた企画展

「ムットーニ・パラダイス」。

最終日にようやく観に行くことができました。

 

ムットーニ1.jpg

 

自動からくり人形作家ムットーニさんの作品が

昔から大好きでして、

...といってもなかなか観る機会が少なかったのですが、

今回一気にたくさんの作品を拝見することができました。

個人蔵作品の出展が多く、

次いつ観ることができるかわからないですからね、

3時間ぐらいかけて全作品をじっくり堪能いたしましたよ。

さらに、

ムットーニさんご本人によるギャラリートークにも参加・拝聴、

記念図録にしっかりサインもいただいて...

 

ムットーニ2.jpg 

 

大満足でありました!

(ノリ)

話題の韓国映画

17/3/28

今月日本で公開された話題の韓国映画を観てきました。

 

「哭声 コクソン」

 

コクソンl.jpg

 

 

「お嬢さん」(原題:アガシ)

 

お嬢さんl.jpg

 

 

「アシュラ」

 
アシュラl.jpg

 

 

3本とも見ごたえありました。

とくに「コクソン」は理解できない謎が今も残っていますが...

映画としてのスゴさはいちばんでした。

韓国映画はあいかわらずレベルが高いです。

この3人の監督に「大極宮」作家の小説を原作にして

映画を撮ってもらいたいなあ...と、夢をみてしまいますね。

もちろん「火車」のビョン監督にも。お願いします!

(ノリ)

水木しげる漫画大全集Tシャツ化プロジェクト

17/2/21

届きました。
待ちに待っていた水木しげる漫画大全集Tシャツが届きました。
zenshuu_t_02.jpg
見開きのカラーページです。一反木綿もいます。

こちらプロジェクトの公式サイトです。
水木しげる漫画大全集Tシャツ化プロジェクト

購入の仕方はこのスタッフブログの下のほうにも書いております。
是非あなたも全集の好きなページをTシャツに。
zenshuu_t_01.jpg
今日は寒いです(オーツカ・ハル)。

追記、ぐっときた一言。
zenshuu_t_04.jpg


匣の中には。

17/2/01

本日、百鬼夜行シリーズのブックカバーフレグランスを販売されている、まさめやさんがいらっしゃいました。
masameya_03.jpg
右が中禅寺秋彦、左が榎木津礼二郎フレグランスです。銀座と原宿またオンラインショップでもご購入いただけるようです。
詳細はこちらのサイトをご覧くださいprimaniacs。売れ行き好調とのお話でした。


つきましては別のキャラクターのものも...、というお話でした。まだご提案いただいている段階なので、人物名は控えておきます。
お楽しみに。

とは別に新商品のご提案もいただきました。
masameya_01.jpg
バレッタ(髪留め)です。モデルはヨーコさん。

masameya_02.jpg
匣の中には綺麗な娘が・・・。


masameya_04.jpg
まさめやさんは面白い事お考えになります(オーツカ・ハル)。

韓国ドラマ「ソロモンの偽証」撮影現場見学でソウルへ

17/1/24

今週の放送で最終回を迎える韓国連続ドラマ「ソロモンの偽証」...

残念ながら日本での同時視聴は困難なのですが、

私(ノリ)は、「jtbc局 番組公式サイト」の名場面クリップを観て、

こまめに内容を確認しています。

ハングルがまったくわからなくても、良いドラマだと思えるんです。

日本語吹替えもしくは日本語字幕で観直したいので、

ぜひ日本で買い手がつきますように...お願いします。

 

昨年末、ドラマ撮影現場見学でソウルに行った際、

現地でいろいろな所におじゃまさせていただきました。

 

引っ越し前の「アミューズコリア」オフィス...

ファンが見学できるようになっていましたよ。

 

韓国ソロ番外1.jpg

 

ソウルでのプロモーション、多いんですね。

記念のサインがたくさん残されていました。

 

韓国ソロ番外2.jpg

 

大学路にあるミュージカル劇場。

大学路エリアははじめて足を踏み入れましたが、

演劇と芸術の街でめちゃめちゃ楽しそう!

 

韓国ソロ番外3.jpg

 

知人が支配人を務めるこの劇場で上演されていたミュージカルも、

セリフは理解できなくとも話の内容は伝わってきました。と言いますか、

感動しちゃいました! 言葉はわからないのに...不思議な感覚です。

 

韓国ソロ番外4.jpg

 

麻浦区にある「JTBC」本社ビル。

ドラマ「ソロモンの偽証」の制作局ですが、

パク大統領スキャンダル報道のほうが今は有名ですね。

 

韓国ソロ番外5.jpg

 

同じく麻浦区にある「CJエンタテインメント」。

韓国映画「火車」でお世話になりました。

デジタルメディアシティ駅もあるこのエリアは、

テレビ局や映画会社、制作会社が集まっています。

 

韓国ソロ番外6.jpg

 

その近くにあったオブジェ。

 

韓国ソロ番外7.jpg

 

ソウルってアートな街ですよね。いつも思います。

(ノリ)

水木しげる漫画大全集Tシャツ化プロジェクト

17/1/11

ネットのニュースなどでご覧になった方も多いかと思うのですが、水木しげる漫画大全集Tシャツ化プロジェクトが開始されました。

以下リンク二つ外部ニュースサイトに飛びます。
水木しげる作品の好きなページを選んで着られる、「大全集」Tシャツ化企画 - コミックナタリー
水木しげる漫画全集から好きなページをTシャツに 悪魔くんも鬼太郎も!

全集の好きなページを指定してTシャツにする、という企画です。
特設サイトもできておりました。
水木しげる漫画大全集Tシャツ化プロジェクト

mizukimanga_Tshirt_01.jpg

本プロジェクトについてには、京極も言葉を寄せています。

ラインナップにある作品の好きなページが指定できます。
mizukimanga_Tshirt_07.jpg
作品ごとに期間限定なので要注意です。
毎月更新されるようです。

mizukimanga_Tshirt_05.jpg

私は「034ゲゲゲの鬼太郎6」から選ぶ事にしました。

mizukimanga_Tshirt_08.jpg
カラーバリエーションが豊富です。白を選びました。

mizukimanga_Tshirt_06.jpg
そして私が選んだのはこのページ。
子供の頃、一反木綿がとても怖かったのであえて対峙してみようかと。

見開きページもプリントする事ができるそうです。
上記ページのような場合は 270-271 ハイフンを入れて両ページを指定します。
購入方法は、プロジェクトページのTシャツ購入方法とご注意をご参照くださいませ。

世界で一枚(きっと今のところ)のTシャツが届くはずです。また報告します(オーツカ・ハル)。

今年も一年ありがとうございました

16/12/28

おかげさまで...
年末にかけて三人の新作が出揃いました。
 
16年末挨拶1.jpg
 
今年も一年ありがとうございました。
 
来年も引き続き「大極宮」をよろしくお願いいたします。
 
皆さま、よいお年をお迎えくださいませ。
(関係者一同)

翻訳本カバーギャラリー

16/8/03

トップページの更新情報でもお知らせしているのですが、三人の翻訳されている書籍のカバーギャラリーというページを作りました。
素敵なのがたくさんあるのです。


taikyokuguu_0803_blog.jpg
トップページ左にある 著作リスト/立ち読み というページを開くと上のページが開きます。各作家毎の【翻訳本リスト】というボタンをクリックしていただけるとカバーギャラリーページにとびます。
ちょっとわかりずらいですね。一考中です。

taikyokuguu_0803_blog3.jpg
これは大沢のページです。

taikyokuguu_0803_blog2.jpg
ドイツ語版の『新宿鮫』のカバーです

taikyokuguu_0803_blog4.gif
これは簡体字版の『姑獲鳥の夏』

taikyokuguu_0803_blog5.jpg
宮部の韓国語版『火車』のカバーです。
『火車』を読まれている方このカバー、ドキっとしません?

どれもステキなんです。翻訳本全部を掲載するには、まだまだ時間がかかりそうです、不定期にではあるのですが地道に更新作業してまいります。たまに覗いていただけると嬉しいです。(オーツカ・ハル)。

中谷美紀さんの舞台「猟銃」

16/6/30

パルコ劇場で舞台を観ました。

といっても4月の話なのですが...。

中谷美紀さんが一人で三役をこなす「猟銃」。

 

中谷さんがドラマ「模倣犯」の主演に決まったと聞いて、

初演のときから興味があった舞台を拝見したのです。

いやぁ、スゴイなんてもんじゃないですよ。

圧倒されました。素晴らしかったです!

舞台と同じ空間...引き込まれ方ハンパなかったです。

 

中谷猟銃l.jpg

 

でっ終演後、ご挨拶をさせていただけることに。

終演直後の中谷さんは、もう美しすぎて眩しすぎて...

緊張と興奮で何を話したか覚えておりませんが、

外に出たとき、お土産でいただいた(のでしょう)

瓶入り高級飲料「おーいお茶 玉露」を手に持っておりました。

ありがとうございました。

とにかく贅沢な時間を過ごさせていただきました。

 

ところが...

そんな浮かれ気分が吹き飛ぶことに。

中谷さんはパリが好き、という一方的な思い込みで、

当日、差し入れに「ジャン=ポール・エヴァン」のマカロンを

持っていったのです。

そう、やっちゃいました...。

中谷さんはもう何年も糖質制限をされているのですよ。

かなり有名な話なのだそうですが、

私は月刊誌「パピルス」(幻冬舎)で連載中の、

中谷さんのエッセイ「女心と秋の空」を読んで

あとで知ったのです。あとで...。

中谷さんごめんなさい!

(深く反省...ノリ)

「匣入り加菜子」がやってまいりました。(オーツカ・ハル)

16/3/31

植物少女園さんで販売されていた「匣入り加菜子」の見本をいただきました。
組立、塗装は石長櫻子さん直々によるものです(本来は未組立未塗装のガレージキットです)。
素晴らしいですよ。
以前も一度ご紹介させていただきましたが、今回頂いた作品の写真を数枚載せます、が、実物の美しさは到底だせませんでした。すみません。


hakoirikanako_0331_05.jpg
匣から出す事もできます。

hakoirikanako_0331_04.jpg
髪の色ですが、光の反射で色が変わっているようにも見えますが塗装です。
実物は一本一本が見えるような塗装が施されておりました。

hakoirikanako_0331_03.jpg
hakoirikanako_0331_02.jpg


実物をお見せできないのが本当に残念。
そして匣自体の写真を撮り忘れている自分にも残念。匣も綺麗だったんです(オーツカ・ハル)。

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8