作家ブログ

大沢在昌 公式ブログ

大沢在昌 公式ブログ

新刊『熱風団地』(KADOKAWA)発売です!

21/8/30

2020年4月から11月まで、

「産経新聞」で連載した『熱風団地』が、
8月30日、KADOKAWAより発売になりました。
(代理:ノリ)
 
 
大沢熱風1.jpg
 
 
コロナ禍での連載開始。
でも、本になって出版される頃には、書店さんでのサイン会もできるだろう...
と、スタートした時には思ったのですが、
まさかこんなにヒドイ状況になっているとは...。
ということで、今回も書店さんでのサイン会は中止。ほんとうに残念です。
 
それで、かわりに店頭販売用のサイン本作りをいたしました。
 
 
大沢熱風2.jpg
 
 
その数、またまた400冊!
テーブルの上にどっさり置いてありました。
(上の写真、フレームの外にも本が積んであるのです)
なのに、
テレワークなのか、所沢に出勤しているのか...
飯田橋のKADOKAWAには人がほとんどいない様子。
4人ぐらいは人員を確保しておいた方がいいですよ~と伝えたのに、
スタンバっていたのは担当編集者2名のみ。
......。
 
これはどういう配置、流れにした方が効率的か、と考えようとしたら、
「シャカシャカ、ササーッ。 シャカシャカ、ササーッ」
大沢さん、自ら本を引き寄せハイスピードでサインを書き始めました。
数秒でゾーン状態に入ることができる大沢さん、こうなったらノンストップ。
我々はそのスピードに合わせて作業するしかありません。
サイン書き...数か月のブランクを感じさせない猛スピード!
せわしなく、またも小一時間で終わらせました。
べつに時間制限があるわけではないのですが...。
 
 
大沢熱風3.jpg
 
 
室内にあった電子ホワイトボード。
どのような仕組みか、表示する意味もわかりませんが...作業中は、
「今」
となっていました。そのとおりですけどね。
(サイン会常連のお客様、次の新刊でお会いしましょう...ノリ)

宮部みゆき 公式ブログ

宮部みゆき 公式ブログ

WOWOWドラマ『ソロモンの偽証』。過去映像化の台本は...

21/9/21

まさかの3度目の映像化となる『ソロモンの偽証』

じつは...。(代理:ノリ)

 

WOWOWさんの連続ドラマW枠で、以前製作された『楽園』放送後、

また何か...WOWOW × 松竹 × 宮部

の座組でドラマを作りたいですねえ...という話になっていました。

もちろん監督は権野元さん、脚本は篠崎絵里子さんで。

ただ...

シリーズ物でないかぎり、このような話はなかなか進まないと言いますか...

いつの間にか立ち消えになってしまうことが多いのです。

(社交辞令のような雰囲気のときもありますし...)

ところが今回、バシッと決まりました。

『ソロモンの偽証』を原作に!...というのは、

映画版をつくった松竹さん(映画製作と部署は違います)からのご提案。

舞台を高校に...という設定もです。

(韓国での連続ドラマも高校を舞台にしたものでした)

 

宮部は、「映画版で小説と同じ中学を舞台にやりきっていただいたから、

  高校を舞台にした現代風のドラマも面白そう!」と、よろこんで許諾。

宮部が「連続ドラマW」のファンであることも理由の一つでしょう。

 

そして、出来あがった台本がこちら。

 

WソロB1.JPG

 

全8話を各4話ずつに2分冊されました。

この写真ですと厚さがわかりませんが、当然ながらボリュームあります。

ポケットに入れて持ち歩くのは一苦労だったことでしょう。

 

 

ちなみに、コチラは映画版のときの台本。

 

WソロB2.JPG

 

映画が前後編の2本立てだったので、こちらも2分冊。

とはいえ...つながりがあるので、

スタッフの方は両方持って現場入りされたのではないでしょうか。

 

 

ここまできたら、韓国ドラマのときの台本も。

 

WソロB3.JPG

 

全12話。1話1冊。

間違えないように!?...毎回色が違います。

現地で撮影を見学した際、

数冊を尻ポケットに突っ込んでいるスタッフさんもいらっしゃいました。

 

 

今回の連続ドラマは、10月3日(日曜)スタート(全8話)です。

※配信もあります

詳細は...

「連続ドラマW ソロモンの偽証」オフィシャルサイトをご覧ください。

(この座組、もう一度やりましょう! なんの権限もない...ノリより)

京極夏彦 公式ブログ

京極夏彦 公式ブログ

トーキング ウィズ 松尾堂

21/9/09

久しぶりに京極とNHKさんに行ってまいりました。
今回は9月12日(日)NHK-FM午後0時15分-午後1時55分放送予定の「トーキング ウィズ 松尾堂」さんにお呼ばれしました。
司会は松尾貴司さんと加藤紀子さん。
そしてゲストは民族学者・佛教大学教授・世界鬼学会会長の八木透先生と京極です。
テーマは「鬼」。
matsuodou_20210909_01.jpg
久しぶりのラジオ収録のスタジオ。
コロナ対策も万全です。

いまふと鬼学会会長というワードで検索して出てきた八木先生の「鬼と節分の由来」というインタビュー記事を読んでいたのですがとても面白いです。しばらく読みふけってしまいました。
9月に八木先生監修の「鬼の図鑑(仮)」の刊行も予定されているそうです。
そして『鬼滅の刃』の話題にも。
鬼の話面白いので是非聴いてください。

matsuodou_20210909_02.jpg
松尾貴史様、加藤紀子様、八木透先生ありがとうございました。

八木透先生とは2003年に京都の佛教大学でおこなわれたシンポジウム「見えない世界の覗き方」でもご一緒させて頂いておりました。
改めてご挨拶を、と名刺を持って行ったところ覚えていてくださっておりました。
matsuodou_20210909_03.jpg
18年も前ですよ。嬉しいですよね。

matsuodou_20210909_04.jpg
18年前の京都の知恩院さんです。
今年はまだ紅葉を楽しむ感じではなさそうですね。
講演会やシンポジウムも中止や延期になってしまっております。
早く県をまたぎたいですね(オーツカ・ハル)。

スタッフブログ

スタッフブログ

葛飾北斎生誕260年記念企画『北斎づくし』展

21/9/06

ノリです。
2回のワクチン接種が終わり(まだの方ごめんなさい...)、
抗体もできた頃ではないかと判断し(2週間経過)、
久しぶりに美術展に行ってみました。
 
事務所に近い「東京ミッドタウン」で開催中の「北斎づくし」展。
 
北斎づくし1.jpg
 
 
通常の展覧会などと違って、ちょっとだけ遅い時間まで開館しています。
(当日券もあるようですが...)入館には基本的に日時指定チケットが必要。
私は夕方、仕事終わりに立ち寄りましたが、思っていたよりも人が多かったです。
あっ...どこかのフェスのような"密"ではぜんぜんないですよ。
むしろ普段の展覧会だと、ガラガラだな~と感じるぐらい。
行く前は、もしかしたら貸し切りに近いかなと想像していたので...(苦笑)
 
来ているお客さんは一言もしゃべらず(マスク着用も義務づけ)、
無言で、ただただひたすらに北斎の絵を眺めています。
私もすぐ会場の雰囲気に溶け込みましたが、すぐに失敗したことに気づきました。
じっくり観ていると、時間が全然足りません!
最初の「北斎漫画」コーナーだけでかなり時間をとられます。
昼から観るべきだったと後悔しました。
あと、(個人的に)遅い時間は老眼と眼精疲労で作品が見にくくなります。
北斎の絵は細かいところまで見たいですからね。
 
でも、今回も事前にガイドブックで勉強していたので助かりました。
 
北斎づくし2.jpg
 
 
ちなみに、
会場で販売している公式図録はびっくりするような商品。
祖父江慎さん、さすがです! ぜひご確認くださいませ。
興味のある方...会期、間もなく終了ですよ~。
 
 
(おまけ)
 
ちょっと前、池袋に立ち寄った際に見つけました。
水森亜土さん!
 
北斎づくし3.jpg
 
(素敵な作品とともに、ご本人のパンチがすごいです...ノリ)