作家ブログ

大沢在昌 公式ブログ

大沢在昌 公式ブログ

『冬の狩人』刊行記念トークイベント

20/12/18

12月17日(木)、

『冬の狩人』刊行プロモーション活動の最後を飾る...
 
幻冬舎大学
大沢オンイベ1.jpg
 
オンライントークイベントに、大沢が参加出演いたしました。
司会進行は、アイリハルミさん。
 
アイリさんには『幻冬舎plus』さんがつくってくださった動画、
(出張、サイン早書き編)...でも、
進行および書籍の紹介をしていただきました。
今回も安心して観ていられます。
 
会場は...
 
大沢オンイベ2.jpg
 
またか...。
このひと月でいったい何度足を運んだことでしょう。
『冬の狩人』の版元、幻冬舎さんの会議室です。
かわり映えしないと思われるでしょうが...
今のコロナ禍では、
この広く清潔で換気もできるスペースはとても重宝、たすかりました!
 
上の写真では見えないかもしれませんが、
大沢とアイリさんの間には、しっかりアクリル板が設置されております。
配信ではそのアクリル板が気にならないように工夫して撮影されました。
 
ちなみに奥に座ってパソコン画面を凝視しているのは、
『冬の狩人』担当編集者のT田氏。
生放送中、アイリさんにとんでもないメモを渡し動揺させた確信犯です(笑)
 
今回のトークイベントは、
参加者の皆様からいただいた質問に答えるカタチで進みました。
シリーズファンの方ならではの鋭い質問もあり、アッという間に予定時間。
 
最後は...
 
大沢オンイベ3.jpg
 
大沢の小説にキャラクターとして登場できるという抽選会もありました。
当った5名の方、おめでとうございます!
 
ただし、どんな役での登場かは著者の大沢にお任せとなりますので...
役に期待しすぎないように、今後の作品に注目しておいてください。
今月から週刊誌「週刊大衆」(双葉社刊)で連載が始まった、
『残照の森』での登場が、今のところ有力です。
※女性の方は、買うのに少々勇気がいる雑誌かもしれませんが...。
お楽しみに。
 
あと、『冬の狩人』は電子書籍の販売も始まりました。
そちらもどうかよろしくお願いいたします。
(このところ「ファイティン!」が口ぐせ...代理:ノリ)

宮部みゆき 公式ブログ

宮部みゆき 公式ブログ

『ソロモンの偽証』(簡体字版)

21/2/04

昨日、嬉しいお知らせが届きました。

miyabe_soromon_20210204_01.jpg
映画化もされた宮部の『ソロモンの偽証』ですが、海外でも翻訳されて刊行されています。

中央からこちらを見ているのが、『ソロモンの偽証』中国語(簡体字版)です。

miyabe_soromon_20210204_02.jpg
こちらがKndleの2020年度の愛読者賞を受賞した、というお知らせが届きました。
読者投票による賞ということで、嬉しい限りです。

miyabe_soromon_20210204_03.jpg
厚いのではなく三部と黒い冊子が一部。

miyabe_soromon_20210204_04.jpg
三部と。

miyabe_soromon_20210204_05.jpg
こちら。「負の方程式」です。
日本では新潮文庫版『ソロモンの偽証(六)』に書き下ろしの中編として収録されています。

ご愛読いただき、ご投票くださった中国の読者の皆さん、ありがとうございました。宮部もとても喜んでおりました(オーツカ・ハル)。

京極夏彦 公式ブログ

京極夏彦 公式ブログ

「角川武蔵野ミュージアム」内覧会

20/11/05

11月4日京極と角川武蔵野ミュージアムの内覧会に行ってまいりました。
明日、11月6日(金)からオープンです。正式なご案内は下記URL先をご確認ください。


京極の後ろから撮影した写真を載せてゆきます。少しでも興味を持っていただけたら。
キャプションの無いものは、私がよくわかっていないものです。是非会場に足を運んでいただき確かめてください。
kadokawa_1104_01.jpg
小学生を対象に開催された妖怪絵コンクールの絵が飾られているお部屋から。

kadokawa_1104_02.jpg
妖怪絵スコープ!
QRコードを読み取ることで、妖怪たちが浮かびあがってきます。

kadokawa_1104_03.jpg
このような感じに。ホントはもっと浮かんできます!

kadokawa_1104_04.jpg
これは応募された方のお名前をタブレットに入力すると、妖怪が壁面に映し出されます。
ないとうももさんの妖怪でしょうか。とても可愛い。

kadokawa_1104_05.jpg
こちらのお部屋にもいたるところに妖怪が映し出されます。

kadokawa_1104_06.jpg
たくさんの妖怪たちが投影されます。

kadokawa_1104_08.jpg
こちら京極の匣。暗幕が怪しい。

kadokawa_1104_10.jpg
すごい綺麗なんです。もう何枚か。

kadokawa_1104_09.jpg
文庫のカバーを飾る張子たち七点が格子の向こうにおります。

kadokawa_1104_11.jpg
荒井良氏の艶めかしくも迫力のある張子たちを、是非この機会にご覧ください。

kadokawa_1104_33.jpg
綺麗だなあ。
床や壁にうつるデジタル妖怪画像も、全て京極の作品です。

kadokawa_1104_12.jpg
荒井良氏による張子のお面もディスプレイされております。
圧巻ですよ。

kadokawa_1104_23.jpg
私が一番怖かったお面。これ何故か怖いんです。

kadokawa_1104_13.jpg
妖怪が躍る壁。

kadokawa_1104_15.jpg
すみません、説明見ていないんですがお祭りで実際に使われた人形を持ち込んでいるのでしょうか。
昔、新潟でこのようなの燃えているのを見ましたね。

kadokawa_1104_38.jpg
五年前でした。

kadokawa_1104_16.jpg
木原浩勝先生ご所蔵の、件(くだん)のミイラも展示されています。

kadokawa_1104_17.jpg
件のミイラのフィギュアは今も大事にしております。10年以上前に京都で購入したように思います。

kadokawa_1104_19.jpg
これらは目の前にするととても迫力ありますよ。

kadokawa_1104_25.jpg
ここでようやくセレモニー。

その後も続きます。少し駆け足に。
kadokawa_1104_26.jpg

kadokawa_1104_27.jpg

kadokawa_1104_28.jpg

kadokawa_1104_29.jpg

kadokawa_1104_30.jpg


kadokawa_1104_31.jpg
本棚劇場です。

kadokawa_1104_32.jpg
すごい!!

kadokawa_1104_34.jpg
と、ここらへんで。
写真はほんの一部です。見どころはまだまだたくさんあります。
是非、角川武蔵野ミュージアムに足をお運びください。
各関係者の皆様、内覧会お招きいただきありがとうございました。
とても楽しめました(オーツカ・ハル)。

スタッフブログ

スタッフブログ

本年もよろしくお願いいたします。

21/1/05

2021年。

本年も「大極宮」をよろしくお願いいたします。
 
 
仕事始めの4日、
事務所の近く...乃木神社に初詣に行ってきました。
 
同じように、近所で働いている方がチラホラといった感じで...
意識しなくても自然なソーシャルディスタンス。
静かで、いちだんと厳かな雰囲気でした。
 
私(ノリ)は毎年、『勝守』を買って、
邪なお願い事ばかりしておりましたが...
さすがに今年は、「新型コロナ終息」だけを祈りました。
 
 
2021初スタッフ1.jpg
 
何とも言えない空気感のなか、
境内でスマホを出すのも気が引けたのですが...
1枚だけパシャ。
(あぁ、構図がダメですねえ...残念)
 
 
本来であれば、
入場する際に手水をして身体を清める手水舎は、
今は順路として、退場するときに前を通ります。
暖かい明りで、緊張が解け...ほっこりしました。
 
 
2021初スタッフ2.jpg
 
追加で...思わずパシャ。
 
 
早く普通の生活がおくれるよう...
そして、存分にエンタメを楽しめる日がきますように!
(競馬場に行きたいなぁ...ノリ)