作家ブログ

大沢在昌 公式ブログ

大沢在昌 公式ブログ

ちょっとだけ南の島で釣り

17/7/27

昨夜、ラカグで新潮社のイベントに参加し、

今朝は7:30に羽田からある島に向かった大沢さんから
さっそく写真が届きました。
 
大沢八丈釣りl.jpg
 
カツオ!
 
キョンは見あたらないそうです...。
 
(代理:ノリ)
 
 
その後、さらに写真が送られてきました。
 

大沢八丈釣りl2.jpg

 
カンパチ!

 

大沢八丈釣りl3.jpg

 
大きい方のカンパチは55センチとのこと。
 
大漁だったようです。

宮部みゆき 公式ブログ

宮部みゆき 公式ブログ

「この世の春」の販促ツールも届きました!

17/9/05

8月31日に新潮社から上下巻で刊行された「この世の春」。
その販促ツールが事務所に届きました。
ポスターやパネルをはじめいろいろと作っていただいたのですが、

今回、目を引いたのは...
切り抜きPOP(←正式名称は不明)
 
宮部新刊POP.jpg
 
書店さんでどれがいちばん多く採用されるのでしょう。興味あります。
担当される書店員さんの好みでしょうか...。
いずれにしましても、よろしくお願いいたします。
(代理:ノリ)

京極夏彦 公式ブログ

京極夏彦 公式ブログ

公開対談「書楼の誘惑 京極堂から弔堂へ」

17/9/11

愛知県春日井市に行ってまいりました。あさひ文庫様主催の公開対談「書楼の誘惑 京極堂から弔堂へ」がおこなわれました。
対談のお相手は関西学院大学教授 西山克先生です。
asahibunko_03.jpg

足元に置いてあるのは、妖怪画の数々。
これはポストカードだったのかな。

asahibunko_02.jpg
風の神や雷の神や、室町時代の皆既日食のお話しなど、興味深いお話しを伺わせていただきました。
西山先生のお父様が所蔵されていた本の話に。

asahibunko_01.jpg
「昔の人とコミュニケーションできるツール。それが本なのです」
改めて本の大事さを感じました。

asahibunko_04.jpg
200名近くのお客様がいらしていたそうです。
地元の書店さんもいらしていて、サイン本の販売などもおこなわれました。
サイン入りアンカット版『魍魎の匣』(12,000円)も完売。

asahibunko_06.jpg
休憩を挟んで質疑応答です。
質問を選んでおります。

asahibunko_07.jpg
地獄はあると思いますか? という西山先生へのご質問。
西山先生の地獄愛が感じられるご回答が。
他にも色々な質問が。

主催のあさひ文庫様、ご来場いただいたお客様ありがとうございました。
お土産にいただいたサボテン大事にします。
ホテルのフロント、タクシーの運転手さんに聞いた話なのですが、サボテンラーメンなるものがあるそうですね...。

と、先日刊行された西山先生のご本をご紹介。
asahibunko_08.jpg
『中世ふしぎ絵巻』(ウエッジ)です。
新幹線で購入できる情報冊子『ウエッジ』に連載されておりました。
ふしぎなお話し、美しく、ふしぎなイラスト盛りだくさんです。

イラストはなんと宮部の『三鬼』の挿画をお描きになれれていた日本画家の北村さゆり先生です。
その他の情報でもお報せしましたが、北村さゆり挿画展 -宮部みゆき「三鬼」の世界-は9月30日まで開催です。
この機会に是非是非(オーツカ・ハル)。

スタッフブログ

スタッフブログ

文化庁メディア芸術祭

17/9/20

第20回 文化庁メディア芸術祭を観てきました。

昨年までは事務所近くの国立新美術館で開催されていたのが、
今年の会場は初台にある東京オペラシティ。
個人的にはアクセスが少々不便になりましたが...
入場無料なうえ毎年見応えある展示なので行ってみたしだいです。
今回も見とれてしまう作品がたくさんありましたよ。

そんな中...
マンガ部門の優秀賞を受賞した「山口六平太」のコーナーを発見。
 
高井1.jpg
 
昨年急逝された作画担当の高井研一郎先生には
20年以上、草野球で対戦して遊んでいただきました。
と言うよりも...
試合後の合同打ち上げの席などで、
いつもマジックを披露してみんなを楽しませてくださいました。
 
高井2.jpg
 
展示されていた愛用品をながめていたら
高井先生のやさしい笑顔を思い出しちゃいました...。

この芸術祭の会期は9月28日まで。
ぜひ見学されてみてはいかがでしょうか。
(「NO SALT RESTAURANT」にびっくり...ノリ)