大沢 在昌

大沢 在昌 おおさわありまさ,1956年生まれ,山椒大夫,人生は、釣りとゴルフと酒とムニャムニャ実は
ゲームも大好き悪い噂(?)が絶えない困った奴 著作リスト/立ち読み

   2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12   

ラジオCM収録

12/4/20

新刊『語りつづけろ、届くまで』の見本とともにラジオCMの収録をしました。

J−WAVEやTBSラジオなどで流れるようです。

 語り取材.jpg

オーツカハル

12/4/19

 久しぶりにオフィスでオーツカハル君をみたら、痩せていてびっくり。

『百物語』

12/4/13

 白石加代子さんの朗読劇『百物語』で拙作「毒猿」を演じていただけることになりました。
もちろん『百物語』のことは知っていましたが、自分の作品を朗読していただけるとは夢にも思っていませんでしたので、びっくりもしましたがたいへん光栄なことだと思っています。
 どのように演じていただけるのか公演が楽しみです。

(チケットは4月21日(土)より発売開始です。詳細はイチ押しまたはメジャーリーグHPで)

 flyer-b.jpg

12/4/06

 先日受賞しました「第30回日本冒険小説協会大賞」の賞状と正賞のモデルガンが届きました。

 正賞でもらった銃の方は、陳さんがかつてステージでコントをやるときに使っていたという貴重な物なので、大切に持っていたいと思います。

 賞状.jpg


 銃.jpg

日本冒険小説協会賞

12/3/26

 第30回日本冒険小説大賞を『絆回廊 新宿鮫X』で受賞いたしました。それで熱海の授賞式にいってまいりました。30回の冒険小説大賞の歴史の中で今回初の同点W受賞ということで、西村健さんの『地の底のヤマ』と一緒に選ばれたものです。

 昨年暮れに内藤陳さんが亡くなって、この熱海での冒険小説協会の大会は今年で最後ということで寂しさもありましたが、その最後の大賞に自分の作品が選ばれたことは誇らしくもあり、100名ほどの会員の方たちを前に懐かしい思い出話も含めていろいろしてまいりました。
 すこしセンチメンタルな気分にもなったのですが、内藤陳さんの存在と日本冒険小説協会の熱い小説を愛する読者の方の気持ちを裏切らない仕事を、これからも続けようと決意した次第であります。

 小説協会.jpg

ミステリー文学大賞

12/3/19

 ミステリー文学大賞の授賞式がおこなわれ、今年からなんと選考委員になってしまったオイラは行ってまいりました。昨年受賞してすぐ選考委員をやれといわれて、この賞はほんとに筆歴のながい大先輩達が受賞されるものなので荷が重いのですが、いただいてしまったお返しということもあってお手伝いさせていただくことになりました。 

 今年の受賞者は高橋克彦さん。それとミステリー文学新人賞の受賞者はおふたりいて前川裕さんと川中大樹さん。高橋さんの二次会に出たあと、新人賞の二次会にもちょっと顔をだし、そのあと銀座で各担当と気が付いたらカラオケまで流れ、午前三時をすぎていました。


 シエラザード.jpg

「IN☆POCKET」インタビュー

12/3/13

 ただいまオフィスにて講談社「IN★POCKET」のインタビューを受けています。

 4月25日発売の新刊『語りつづけろ、届くまで』についてです。
 
 この作品は講談社文庫既刊の"日本一不運なサラリーマン坂田勇吉シリーズ"『走らなあかん、夜明けまで』『涙はふくな、凍るまで』に続く第3弾です。
 
 新刊発売にあわせ既刊2作も新装版として発売されることになり、15日発売の『新装版 走らなあかん、夜明けまで』(710円)の見本も届きました。


 インポケ.jpg


hasiranaakan.jpg

花粉症

12/3/09

 いよいよ花粉症のシーズンがやってまいりましたが、今年は寒さと雨のおかげか、まだ薬を飲むまでにはいたっていません。

ただ、眼のかゆみが例年より激しいような。

タイ旅行

12/3/01

今回のタイ旅行で初めてパタヤの沖合にある小さな島に行ったのですが、ロシア人観光客がおおくてびっくり。

ドリアン・チップス

12/2/29

タイに行っていた大沢からドリアン・チップスのおみやげが届きました(S)。


 ドリアン.jpg

   2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12