大沢 在昌

大沢 在昌 おおさわありまさ,1956年生まれ,山椒大夫,人生は、釣りとゴルフと酒とムニャムニャ実は
ゲームも大好き悪い噂(?)が絶えない困った奴 著作リスト/立ち読み

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11   

新聞連載小説『リペアラー』...「高知新聞」から掲載開始!

22/3/28

大沢の新連載企画がスタートしました。(代理:ノリ)

 
タイトルは...『リペアラー』。 修復者という意味です。
 
3月22日、最初の掲載紙「高知新聞」にて連載が始まっております。
初回掲載前日の紙面で、小説の構想を語った記事によりますと...
 
「一人の人間が生き続けなかったことで、何が変わり、変わらなかったのか」
を証明する、というテーマで書きたい...とあります。
 
物語は創作、着想を得たのは若い担当編集者の急逝...とも...。
 
大沢リペア記事l.jpg
 
この連載小説は、「高知新聞」に続き...
「神戸新聞」、「熊本日日新聞」、「秋田魁新報」、「北國新聞」、
「中国新聞」、「信濃毎日新聞」で次々とスタート、掲載される予定。
ですので...
単行本になるのは、最終回が全紙で掲載された後になります。
1日でも早く読みたい!
...という方は、上記新聞を購読してみてはいかがでしょう。
(サッキー!無事に連載スタートしましたよ...鍋仲間だったノリ)

「Billboard Live YOKOHAMA」...最高でした!

22/2/14

共通の知人の紹介で知り合った世界的なギタリスト 吉田次郎さん。

私の本をほぼすべて読んでくださっているとのことで...

ビルボードライブ横浜であったライブに招待してくださいました。

マリーンさんの「Left Alone」...最高でした。

 

大沢吉田l.jpg

カッパ・ノベルス版『暗約領域 新宿鮫11』サイン書き!

21/11/30

11月25日に発売となった...
カッパ・ノベルス版『暗約領域 新宿鮫11』。
 
大沢鮫11サイン0.jpg
 
まだ書店さんでのサイン会を再開できる状況ではないので、
代わりになれば...ということで、
店頭販売用のサイン本をつくりました。(代理:ノリ)
 
今回は300冊。
サインを書く場所は版元の光文社さんの会議室。
400冊のときに比べるといくらか少なく感じますが、厚みのある本ですし、
大沢のサイン書きのトップスピードを考えると...という懸念から、
短時間集中作業要員を編集部などからかき集め、
十分な人員を確保していただきました。これでスタンバイOK!
大沢も週3回のゴルフをこなし、体調万全の様子です。
...って、
そもそもサインの早さを競うものではないんですけどね...(笑)
 
さあ、スタートです!
と...始めてすぐに某作家さんから大沢のスマホにメールが入りました。
内容は、某社の某編集者さんの嬉しいニュースのようですが...。
大沢、即返信。すると、すぐに某作家さんから続きの返信。
大沢、即返信。また、すぐに某作家さんから...
このメールのやり取りが続く続く...。
短時間集中作業要員の皆さん、手持ち無沙汰で見ているしかありません。
大沢も話しだけなら手を止めずにサインは書けるのですが、
メールを打ちながらはさすがに無理。
大沢、この調子だとサイン書きのペースがあがらないと判断し...
臨時できていただいた方々には、仕事に戻っていただきました。
 
という訳で...。
 
大沢鮫11サイン1.jpg
 
"鮫"番担当編集者を含むベテラン勢だけが残り(エライ方たちです)
いつになくのんびりムードのサイン書きとなりました。
...めでたし、めでたし。
 
『暗約領域 新宿鮫11』...光文社の特設サイトが公開中です。
(単行本発売時に撮影したものですが...)動画などもあります。
ぜひご覧になってみてください。
 
あと、今回作ったサイン本の一部は、
版元の光文社が運営する「kokode.jp」内の
書籍関連取り扱いサイト「kokodeブックス」でも販売しております。
 
大沢鮫11サイン2.jpg
 
【為書き入り】の販売は終了しておりますが、
サインだけの【サイン本】はまだ販売中です。
※数に限りがありますので売り切れの際はご了承くださいませ。
未購入の方、こちらもぜひのぞいてみてください。
(サイン会常連のお客様、次こそは...祈りましょう。ノリ)

なんと今年2回目「大竹まこと ゴールデンラジオ!」出演!!

21/10/19

新刊「熱風団地」のプロモーション。

すでに、5年連続出演を達成していた...

文化放送 「大竹まこと ゴールデンラジオ!」

「大竹メインディッシュ」コーナーに、

10月13日、出演させていただきました。

(代理:ノリ)

 

今年4月に出演した際は火曜日で、パートナーは...はるな愛さん。

お会いするのは約2年ぶりでした。

今回は水曜日。パートナーは...壇蜜さんです。約3年ぶりになります。

 

大沢20212大竹1.jpg

 

その3年前...

収録後に壇蜜さんが、「どうしたら本が売れるんですか?」と、

お尋ねになったことを大沢、よ~く覚えておりまして...今回のテーマ!?

となりました。

大沢の著書「売れる作家の全技術」の特別講座になったかどうか...

当日の詳しい番組レポートはこちらでご覧になれます。

 

大沢20212大竹2.jpg

 

それにしても、まさかこんなに長引くとは...のコロナ禍で、

大沢は、リモートではなくスタジオ入りが3回目です。

人の出入りが多いラジオ局ですから当然なのでしょうが、

コロナ対策はしっかりしっかりされています。

連日となるその対策...関係者の方々はお疲れだと思います。

(写真撮影のときだけ、マスクを外させていただきました)

 

大竹まことさん、壇蜜さん、そしてスタッフの皆さま...

どうもありがとうございました。お身体ご自愛くださいませ。

(来年、6年連続出演を目指します!って、私が言うことではないか...ノリ)

アンソロジー『短編ホテル』(集英社文庫)好評発売中!

21/10/01

大沢の新作書き下ろし短編も収録されたアンソロジー...

 
順調に!? 売れているみたいです。(代理:ノリ)
 
 
大沢ホテル企画l.jpg
 
 
重版がかかったとの連絡がありましたっ!
 
編集部の狙い通り?
キムタク主演映画の公開に発売時期を合わせて大正解!!
...なんて言ったら怒られますね。
こちらの短編集は新作オリジナル企画です。
 
桜木紫乃先生のアイデアがきっかけだったとか...。
私(ノリ)は大沢さんからそう聞いております。
桜木先生の人脈・人望でそうそうたるメンバーが参加、集結。
なんとな~く、
昭和な雰囲気も漂ってきますが...(気のせいですよね)
中身は全編、当然のごとく面白かったですよ。
令和の、贅沢でお洒落で×××な1冊です。
 
『短編ホテル』特設サイトも充実しています。
 
"読書の秋"...本格シーズンを迎える前にぜひ、
この本で読書脳を活性化させておきましょう。
(カタカナ表記の「ホテル」を見ると、つい
 島津ゆたかさんの歌を思い出します。昭和世代...ノリ)

新刊『熱風団地』(KADOKAWA)発売です!

21/8/30

2020年4月から11月まで、

「産経新聞」で連載した『熱風団地』が、
8月30日、KADOKAWAより発売になりました。
(代理:ノリ)
 
 
大沢熱風1.jpg
 
 
コロナ禍での連載開始。
でも、本になって出版される頃には、書店さんでのサイン会もできるだろう...
と、スタートした時には思ったのですが、
まさかこんなにヒドイ状況になっているとは...。
ということで、今回も書店さんでのサイン会は中止。ほんとうに残念です。
 
それで、かわりに店頭販売用のサイン本作りをいたしました。
 
 
大沢熱風2.jpg
 
 
その数、またまた400冊!
テーブルの上にどっさり置いてありました。
(上の写真、フレームの外にも本が積んであるのです)
なのに、
テレワークなのか、所沢に出勤しているのか...
飯田橋のKADOKAWAには人がほとんどいない様子。
4人ぐらいは人員を確保しておいた方がいいですよ~と伝えたのに、
スタンバっていたのは担当編集者2名のみ。
......。
 
これはどういう配置、流れにした方が効率的か、と考えようとしたら、
「シャカシャカ、ササーッ。 シャカシャカ、ササーッ」
大沢さん、自ら本を引き寄せハイスピードでサインを書き始めました。
数秒でゾーン状態に入ることができる大沢さん、こうなったらノンストップ。
我々はそのスピードに合わせて作業するしかありません。
サイン書き...数か月のブランクを感じさせない猛スピード!
せわしなく、またも小一時間で終わらせました。
べつに時間制限があるわけではないのですが...。
 
 
大沢熱風3.jpg
 
 
室内にあった電子ホワイトボード。
どのような仕組みか、表示する意味もわかりませんが...作業中は、
「今」
となっていました。そのとおりですけどね。
(サイン会常連のお客様、次の新刊でお会いしましょう...ノリ)

フジテレビ「タイプライターズ 物書きの世界」に出演!

21/5/13

急なご報告ですが...大沢のテレビ出演が決まりました。
 
5月15日(土曜)、午前10時25分~11時50分、
フジテレビ(関東ローカル)で放送される番組...
 
ゲストとして出演いたします。
 
大沢タイプ収録1.jpg
 
収録場所は六本木のロアビル3階にある「BAGUS」でした。
コロナ禍で厳しい状況の中、お借りできたようです。
 
 
大沢タイプ収録2.jpg
 
収録直前、スタッフの方々と打ち合わせ。
(ここではMCの又吉さん、加藤さんとご一緒ではないのです)
 
軽~くの予定が...場所が六本木ということもあって、
思い出話から現在の六本木の状況についてまで...
(放送では触れられない内容も含め)早くも話が止まりません。
私(ノリ)も含め、ここで立ち会って聞くことができた数人はお得でした(笑)
 
 
大沢タイプ収録3.jpg
 
本番収録の様子。
会場が広いので、スタッフさんも密になることはありません。
約2時間、3人のお話に聞き入りました。
 
又吉直樹さん、加藤シゲアキさん、そして関係者の皆さん...
どうもありがとうございました。
(映画「ハスラー2」の影響で、かつてビリヤードにハマりました...ノリ)

早くも5年連続達成「大竹まこと ゴールデンラジオ!」出演!

21/5/07

新刊「悪魔には悪魔を」プロモーション。

2つのラジオ番組から、出演のお招きをいただきました。

(代理:ノリ)

 

まずは...4月26日。

KBC九州朝日放送「PAO~N」

悪魔ラジオ1.jpg

 

メインパーソナリティの沢田幸二さんと月曜パーソナリティのおすぎさん

が担当される「パオーンマガジン」コーナーへの電話での出演。

おすぎさんは昔から大沢の大ファンとのことで、

「悪魔には」だけでなく「覆面作家」にも話がおよび盛りあがりました。

 

悪魔ラジオ2.jpg

 

それで会話の最後に...

約20年前、自宅近くの銭湯で釣り帰りの大沢軍団(私、ノリも参加)が、

おすぎさんと遭遇した話を大沢がきりだし...事実確認がとれたのです。

当時、早い時間にのんびりとご入浴中だったおすぎさん...

あのときは浴場でギャーギャー騒いですみませんでした(汗)

 

番組の様子は「PAO~Nブログ」にも載っております。

おすぎさん沢田さん、ありがとうございました!

 

 

 

そしてもう一つは、5年連続出演を目指していた...

文化放送 「大竹まこと ゴールデンラジオ!」

 

悪魔ラジオ3.jpg

 

「大竹メインディッシュ」コーナーに、

4月27日、今年前半で早くも出演達成できました!

 

悪魔ラジオ5.jpg

 

火曜パートナーのはるな愛さんとは、約2年ぶりになります。

大竹さんと大沢が、レイモンド・チャンドラーについて熱く語っていたとき

「チョコレート?」、「アーモンド?」のボケ...ハマりましたよ(笑)

 

悪魔ラジオ6.jpg

 

前回に続き、コロナ禍で大変な中での番組作り...ご苦労さまでした。

当日の番組レポートはこちらでご覧になれます。

 

悪魔ラジオ7.jpg

 

写真撮影時は、飛沫が飛ばないように会話なしで、一瞬マスク外し。

消毒・除菌...スタジオにうかがう我々も細心の注意を払いました。

このような状況からは早く解放されたいですね...。

 

大竹まことさん、はるな愛さん、そしてスタッフの皆さま...

今回もありがとうございました!

(大沢、年内にもう1冊新刊予定があります。またぜひお声掛けを...ノリ)

 

悪魔ラジオ4.jpg

 

館内にはこのようなポスターも貼ってありました。

最新刊『悪魔には悪魔を』(毎日新聞出版)発売です!

21/4/19

2019年10月から、2020年10月まで、

週刊誌「サンデー毎日」(毎日新聞出版)で連載した...
『悪魔には悪魔を』が、4月19日発売になりました。
(代理:ノリ)
 
 
悪魔には悪魔5.jpg
 
 
それで...
プロモーションとして、インタビュー取材などを受けております。
 
悪魔には悪魔1.jpg
 
 
今はどこでもそうですが...消毒はもちろん、
窓を開け、送風機(扇風機)を回し、アクリル板を設置し、
取材中の写真撮影時はマスクを着けたり外したり...
普段より手間がかかります。(気もつかいます)
 
悪魔には悪魔2.jpg
 
そのうえ...
今回の作品は、ネタバレしそうで話しづらいのです。
 
 
書店様用のサイン本作りにも協力しました。
 
悪魔には悪魔3.jpg
 
その数、400冊!
いつの間にか400冊が定着してきました。
"密"にならない大きな部屋でも、積まれた本に圧倒されます。
 
悪魔には悪魔4.jpg
 
 
それでも、大沢さんは書き始めたらノンストップ。
力強いサイン...400冊を小一時間で書きあげてしまいました。
原稿手書き作家の腕力、底力を見せつけるように...。
 
もし書店さんで今回作ったサイン本を見つけたら、迷わずご購入を!
サインが入っていなくても...ぜひご購入してくださいませ。
 
ほんとうは...
いつものように書店さんでサイン会を行いたかったのですが、
このようなコロナ禍の状況では実施できませんでした。残念です。
サイン会は、次の新刊のときを...ご期待ください。
(サイン会常連のお客様、ごめんなさい...ノリ)

新連載「黒石(ヘイシ) 新宿鮫12」始まりました!

21/4/08

大沢さんの今年初めてとなるブログ...

代理の私(ノリ)が書かせていただきます。
 
コロナ禍でイベント事などがすべて中止になり、
打合せ等も電話かメールか、まれにFAXで済ませ、
会食や夜の街での活動も見合わせ...となりますと、
載せる写真やこれといって報告することもなく...。
ただただ
仕事場で粛々と執筆に励んでおられました。たぶん。
 
すると、まさに青天のへきれき!
私も聞いておおいに驚きました。
とある理由で連載予定が1本キャンセルになったところ、
そのぽっかり空いたスケジュールで新宿鮫の新作を書くよ!...と。
それも3月発売、4月号からの掲載になるよ!...と。
連載媒体は光文社の「小説宝石」だよ!...と。
(↑で「たぶん」なんて書いてたいへん失礼いたしました)
 
 
本当でした。
 
黒石1.jpg
 
 
表紙をめくった目次にも確かに。
 
黒石2.jpg
 
 
巻頭です。(マンガ誌のようにカラーではございませんが...)
 
黒石3.jpg
(挿絵:河野治彦)
 
 
メインタイトルは「黒石」。ヘイシと読みます。
新宿鮫シリーズの読者ならピンときますよね。
"金石(ジンシ)"がらみの内容です。
もう...間違いなしのテーマです!
担当編集者も編集長も、関係者は嬉しさを隠し切れない様子。
その嬉しさを何かで表現したかったのでしょう。
 
 
 
黒石4.gif
表紙の鮫。
 
 
黒石5.gif
目次の鮫。
 
 
...わかります。(少なくとも私には)伝わってきました。
連載が楽しみで楽しみで仕方ありません!
新宿鮫はイッキ読みと決めていらっしゃる方も、
月刊連載で読んでみられてはいかがでしょうか。ぜひ。
 
 表紙ロゴデザイン:木村デザイン事務所
 表紙・目次・本文デザイン:泰司デザイン事務所
 表紙・目次イラスト:風間重美
 
(好きな言葉は「神は細部に宿る」。実行できませんが...ノリ)

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11