大沢 在昌

大沢 在昌 おおさわありまさ,1956年生まれ,山椒大夫,人生は、釣りとゴルフと酒とムニャムニャ実は
ゲームも大好き悪い噂(?)が絶えない困った奴 著作リスト/立ち読み

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11   

新連載「黒石(ヘイシ) 新宿鮫12」始まりました!

21/4/08

大沢さんの今年初めてとなるブログ...

代理の私(ノリ)が書かせていただきます。
 
コロナ禍でイベント事などがすべて中止になり、
打合せ等も電話かメールか、まれにFAXで済ませ、
会食や夜の街での活動も見合わせ...となりますと、
載せる写真やこれといって報告することもなく...。
ただただ
仕事場で粛々と執筆に励んでおられました。たぶん。
 
すると、まさに青天のへきれき!
私も聞いておおいに驚きました。
とある理由で連載予定が1本キャンセルになったところ、
そのぽっかり空いたスケジュールで新宿鮫の新作を書くよ!...と。
それも3月発売、4月号からの掲載になるよ!...と。
連載媒体は光文社の「小説宝石」だよ!...と。
(↑で「たぶん」なんて書いてたいへん失礼いたしました)
 
 
本当でした。
 
黒石1.jpg
 
 
表紙をめくった目次にも確かに。
 
黒石2.jpg
 
 
巻頭です。(マンガ誌のようにカラーではございませんが...)
 
黒石3.jpg
(挿絵:河野治彦)
 
 
メインタイトルは「黒石」。ヘイシと読みます。
新宿鮫シリーズの読者ならピンときますよね。
"金石(ジンシ)"がらみの内容です。
もう...間違いなしのテーマです!
担当編集者も編集長も、関係者は嬉しさを隠し切れない様子。
その嬉しさを何かで表現したかったのでしょう。
 
 
 
黒石4.gif
表紙の鮫。
 
 
黒石5.gif
目次の鮫。
 
 
...わかります。(少なくとも私には)伝わってきました。
連載が楽しみで楽しみで仕方ありません!
新宿鮫はイッキ読みと決めていらっしゃる方も、
月刊連載で読んでみられてはいかがでしょうか。ぜひ。
 
 表紙ロゴデザイン:木村デザイン事務所
 表紙・目次・本文デザイン:泰司デザイン事務所
 表紙・目次イラスト:風間重美
 
(好きな言葉は「神は細部に宿る」。実行できませんが...ノリ)

『冬の狩人』刊行記念トークイベント

20/12/18

12月17日(木)、

『冬の狩人』刊行プロモーション活動の最後を飾る...
 
幻冬舎大学
大沢オンイベ1.jpg
 
オンライントークイベントに、大沢が参加出演いたしました。
司会進行は、アイリハルミさん。
 
アイリさんには『幻冬舎plus』さんがつくってくださった動画、
(出張、サイン早書き編)...でも、
進行および書籍の紹介をしていただきました。
今回も安心して観ていられます。
 
会場は...
 
大沢オンイベ2.jpg
 
またか...。
このひと月でいったい何度足を運んだことでしょう。
『冬の狩人』の版元、幻冬舎さんの会議室です。
かわり映えしないと思われるでしょうが...
今のコロナ禍では、
この広く清潔で換気もできるスペースはとても重宝、たすかりました!
 
上の写真では見えないかもしれませんが、
大沢とアイリさんの間には、しっかりアクリル板が設置されております。
配信ではそのアクリル板が気にならないように工夫して撮影されました。
 
ちなみに奥に座ってパソコン画面を凝視しているのは、
『冬の狩人』担当編集者のT田氏。
生放送中、アイリさんにとんでもないメモを渡し動揺させた確信犯です(笑)
 
今回のトークイベントは、
参加者の皆様からいただいた質問に答えるカタチで進みました。
シリーズファンの方ならではの鋭い質問もあり、アッという間に予定時間。
 
最後は...
 
大沢オンイベ3.jpg
 
大沢の小説にキャラクターとして登場できるという抽選会もありました。
当った5名の方、おめでとうございます!
 
ただし、どんな役での登場かは著者の大沢にお任せとなりますので...
役に期待しすぎないように、今後の作品に注目しておいてください。
今月から週刊誌「週刊大衆」(双葉社刊)で連載が始まった、
『残照の森』での登場が、今のところ有力です。
※女性の方は、買うのに少々勇気がいる雑誌かもしれませんが...。
お楽しみに。
 
あと、『冬の狩人』は電子書籍の販売も始まりました。
そちらもどうかよろしくお願いいたします。
(このところ「ファイティン!」が口ぐせ...代理:ノリ)

ついに4年連続!!!!「大竹まこと ゴールデンラジオ!」出演

20/12/01

昨年の出演時、

大竹さんから危うく出入り禁止令が発令されそうになりましたが...

今年も11月30日、月曜日。

文化放送 「大竹まこと ゴールデンラジオ!」

「大竹メインディッシュ」コーナーにお招きいただきました。

ありがたいことです。4年連続です!!!!

 

大沢冬仮ラジオ0.png

 

大竹さんは、大沢の新刊『冬の狩人』を

なんと1ヶ月以上前にプルーフ版で読まれたそうで、

(大沢の出演日がもっと早いと勘違いされたようです...)

今回、大沢の出演に合わせてもう一度読み返されたとのこと。

 

そして月曜パートナーの阿佐ヶ谷姉妹のお二人も

読了して放送に備えてくださいました。

 

さらに番組の構成作家さんが、

最近の大沢のインタビュー記事などを集めて、

資料としてもしっかりとした進行台本を入念に作ってくださいました。

 

そして、生放送が始まると...

 

大沢冬仮ラジオ1.jpg

 

大沢、スタートからトップギアで話し始め、(台本まったく無視...)

もう、出演者でマイクの奪い合いのような状況になりました。

(今回は新型コロナ対策として、各自アクリル板で仕切ってありました)

 

怒涛の勢いでトークは盛りあがり...

さて、そろそろ新刊「冬の狩人」について語りましょうか。

...となってからの、「銀のペン...」発言。

大爆笑でした!

 

この様子、ぜひぜひ 番組公式ポッドキャスト 

「大竹メインディッシュ」 で聴いてみてください。

 

大沢冬仮ラジオ2.jpg

 

大竹まことさん、阿佐ヶ谷姉妹の江里子さん、美穂さん、

そしてスタッフの皆さま...

どうもありがとうございました!

(5年連続出演を目指し、大沢の出版調整をします...代理:ノリ)

『王様のブランチ』と『大竹まこと ゴールデンラジオ』に出演!

20/11/27

新刊『冬の狩人』のプロモーションで...

テレビとラジオに出演することになりました。
 
テレビは、
11月28日(土)放送の
TBSテレビ『王様のブランチ』 BOOKコーナー
 
リポーターの高柳愛実さんをお相手に無事収録を終えました。
 
大沢冬狩ブラl.jpg
 
(写真は収録後、ゴルフ談議で盛りあがっているところです)
 
 
 
そしてラジオは、
11月30日(月)放送の
文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ』「大竹メインディッシュ」コーナー
 
こちらは生放送
4年連続、今年もうかがいますよ~!!!!
大竹さん、太田さん、そして阿佐ヶ谷姉妹さん...
よろしくお願いします!
(代理:ノリ)

狩人シリーズ最新作『冬の狩人』発売!

20/11/19

多くの地方紙などで連載された

狩人シリーズ最新作...「冬の狩人」。
 
11月16日発売「東京スポーツ」での最終回掲載を待って、
11月18日(近っ!)無事に単行本となって幻冬舎から発売されました。
 
今回はプルーフ版(見本)を事前に作っていただき、
色々な方に先に読んでいただいたおかげで...
取材申し込みがたくさん来ております。たいへんありがたいことです。
 
コロナ禍という状況ではありますが...
できるかぎりの予防対策をして、
(写真撮影の際は、アクリル板やマスクを外しています)
取材を受けております。
 
大沢冬狩取材1.jpg
 
※この取材の日は、300冊にサインをしました。
 
 
すでに版元である幻冬舎のWebマガジン「幻冬舎plus」には、
 
大沢冬狩取材2.png
 
ぜひ読んでみてください。
(代理:ノリ)

狩人シリーズ最新作『冬の狩人』

20/9/23

2018年7月にスタートした「北羽新報」を皮切りに
全国の地方紙各紙で順次連載され、
現在も「東京スポーツ」で連載中(まさに佳境!)の
狩人シリーズ最新作『冬の狩人』
 
前作『雨の狩人』から6年ぶりとなる新刊ということで、
見本用にプルーフ版を版元の幻冬舎さんがつくってくださいました。
 
大沢冬狩プルl.jpg
 
一般には手に入らない非売品で、
プロモーション用に配られるものです。
お手元に届いた方...もろもろよろしくお願いいたします!
 
ちなみに...
さすが東スポさんです。
(代理:ノリ)

新しくなった『売れる作家の全技術』繁体字版!

20/7/08

海外で翻訳出版されている作品はいくつかありますが...

この度、台湾から繁体字版「売れる作家の全技術」の
見本が届きました。
 
それも、新装版です!
 
大沢繁体字l.jpg
 
上段右が今回届いた新装版。
上段左はこれまでの通常版。
日本のみならず、翻訳された海外でも好評のようです!

ついでに...
下段左はKADOKAWAから出版されている単行本。
下段右は昨年刊行された角川文庫版。
電子版もあります。
 
KADOKAWA文芸WEBマガジン、
「カドブン」...で試し読みもできますよ。

ステイホームをきっかけに小説を書き始めた方...
こちらをぜひ参考になさってみてはいかがでしょうか。
(代理:ノリ)

講談社ノベルス『覆面作家』インタビュー動画

20/4/12

講談社ノベルス版『覆面作家』

の刊行を記念して、
インタビュー動画が公開されております。
 
YouTubeの「BundanTV」チャンネルにて、
 
 
大沢覆面インタ.jpg
 
お時間ありましたら...ご覧になってください。

文庫版『夜明けまで眠らない』サイン本作り

20/2/10

双葉社から刊行となる

文庫版『夜明けまで眠らない』。
 
書店さん用のサイン本をつくりました。
店頭で見かけたらぜひお買い求めくださいませ。
 
 
夜明けまで文庫l.jpg
 

『暗約領域 新宿鮫11』刊行記念サイン会

19/12/26

レポートが前後してしまいますが...
『暗約領域 新宿鮫11』(光文社)刊行記念サイン会が、
名古屋と東京の書店さんでおこなわれました。
 
 
12月4日、名古屋の星野書店近鉄パッセ店さん。
 
大沢鮫サイン会1.jpg
(写真提供:光文社)
 
私(ノリ)は現地にうかがうことができませんでしたが...
さすが大沢、地元凱旋で大盛況だったようです。
古くからの友人、知人の方も駆けつけてくださったとのこと。
皆様ありがとうございました。
 
 
 
翌12月5日は、東京の三省堂書店有楽町店さん。
昨年の『漂砂の塔』(集英社)に続いての開催です。
 
大沢鮫サイン会2.jpg
 
 
まず、お店に着いて驚くのが1階に貼られたこの広告。デカいです!
となりは「アナ雪」...場所も最高で目立ってます。ありがとうございました。
 
大沢鮫サイン会3.jpg
 
 
おかげさまでこちらも大大盛況! ...と言いたいところですが、
予約段階でサイン書き予定冊数に早々に到達してしまったため、
残念ながらサイン会参加を断念された方もいらしたとのこと。
大沢は当日おいでくださった方全員にサインをするつもりでおりましたが...
その意向が関係各所に伝わりきりませんで...
断念された方、たいへん申し訳ございませんでした。
 
今回のサイン会...
前述したようにたくさんの方がお越しくださったため、
順番が後ろの方には時間的にお待ちいただくことになってしまいました。
 
 大沢「お待たせしました」
 お客様「いや~待ちましたよ、8年。長かったです」
 大沢「そうじゃなくて...」
 
このやり取り、まるでお約束のように何度もありましたね(笑)
時間がかかっても終始和やかな雰囲気で進みました。
 
おっと、この方は...
 
大沢鮫サイン会5.jpg
 
8年どころか、
今年1月に刊行した『帰去来』の文芸誌連載をスタートから最終回まで、
なんと10年担当した朝日新聞出版のS氏じゃありませんか!
昨年の今頃はサンタクロースに扮して
『帰去来』の生原稿プレゼント企画を慣行してくださいました。
大沢の作家生活40周年記念イヤーにおいて、
MVP級のご活躍、働き、貢献をしてくださいました。
あらためて感謝いたします。
 
大沢鮫サイン会6.jpg
 
 
と...ここで、僭越ながら私(ノリ)の独断。
担当編集者さん、大沢作家生活40周年記念イヤー3賞を大相撲風に。
 
技能賞...光文社、初代"鮫番"W氏。
単行本『暗約領域 新宿鮫11』のご担当。
帯を含めたカバーデザインが圧倒的な存在感を放っています。
造本装幀コンクールで入賞するんじゃないでしょうか。
 
殊勲賞...徳間書店、M山さん。
大沢の40周年ロゴマークを無償で作成してくださいました。
じつはボツになった中にも斬新でカッコいいのが何点かあったんですよ。
 
敢闘賞...角川文庫編集部、主にサッキー。
カバーをリニューアルして既刊文庫を新装版に切り替えてくださいました。
大沢の著書のカバーに猫を起用したのは初めてかも...(「深夜曲馬団」)
 
もちろん40周年の今年にかぎらず、デビュー以来
ずっと大沢を支えてくださっている編集者さんはたくさんいらっしゃいます。
41年目以降も、引き続きどうかよろしくお願いします。
そして読者の皆様、これからもご贔屓にお願いいたします。
 
 
あっ、
光文社2代目"鮫番"T氏から写真が送られてきました。
 
大沢鮫サイン会4.jpg
 
伊集院先生とは、
ほぼ月例開催のゴルフコンペを一緒に主宰する仲なんですよ~。
(代理:ノリ)

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11