作家ブログ

大沢在昌 公式ブログ

大沢在昌 公式ブログ

最新刊『晩秋行』(双葉社)、まもなく発売です!

22/6/17

2020年12月から、2021年12月まで、

週刊誌「週刊大衆」(双葉社)で連載した「残照の森」...
タイトルを『晩秋行』と改題し、6月22日に発売となります。
(代理:ノリ)
 
大沢晩秋プロモ1.jpg
 
 
プロモーションの一環...
版元の双葉社さんの応接室で、書店様用のサイン本を作りました。
作業をお手伝いしてくださる営業のみなさん。人員確保もばっちりです。
サインの数、今回は300冊。
 
大沢晩秋プロモ2.jpg
 
...って、"しんちゃん"と"ゴマちゃん"にしか目がいきませんね。
本の山は...ありません。本が完成する前にうかがったもので。
大沢、製本前の「見返し」にサインを書きました。
書くスピードは...環境が変わってもかわりません。早すぎです。
 
次の予定までかなり時間が余ってしまい、
双葉社さんの各編集部などを見学することに。
 
じつは大沢、
ここ双葉社さんが主催する公募新人文学賞「小説推理新人賞」の受賞者。
それも第1回! 『感傷の街角』で受賞しての作家デビューなんです。
 
なので...社屋に到着したときから、社員の方が整列してのお出迎え。
会う人会う人、「お帰りなさいませ!」との挨拶...というか掛け声が!
その"ホーム感"に気を良くした(?)大沢...当時のことを思い出し、
社内をねり歩きながら若い頃のエピソードを話す話す。
(話が練られていて、まるで落語のようで...何度聴いても面白いのです)
 
たっぷり独演会をした後、(お仕事中だった社員さま、お邪魔しました)
 
大沢晩秋プロモ3.jpg
 
インタビュー取材を3媒体受けました。
それぞれ発売・公開されましたら、当サイトでお知らせしますね。
 
 
そして、重大なお知らせ。 お待たせしました!
 
この最新刊『晩秋行』(双葉社)の刊行記念サイン会が、
7月1日(金)、18:30~
都内「丸善 丸の内本店」さんで開催されることになりました。
参加・予約方法などの詳細は...
丸善 丸の内本店「サイン会」情報 にてご確認くださいませ。
 
大沢にとって、じつに2年半ぶりのサイン会...
読者の皆さま、お待ちしております!
(新型コロナウイルス感染予防、協力してサイン会を成功させましょう...ノリ)

宮部みゆき 公式ブログ

宮部みゆき 公式ブログ

"きたきた捕物帖"シリーズ第二弾『子宝船』発売中!

22/6/09

"きたきた捕物帖"シリーズ第二弾『子宝船』発売中です。(代理:ノリ)
で...このシリーズ名を書いたり伝えたりする際、気をつけることがひとつ。
「帖」の字です。絶対に「帳」と間違えてはいけません。
 
宮部の公式コメントに、
 「捕物帖」に「帖」の字を使おうと決めたのは、大好きな
 『半七捕物帳』と同じ「帳」にするのは畏れ多いと思ったからです。
...とあります。
並みのこだわりではございませんね。うっかりは許されません。
 
PHP研究所さんの特設サイトには、
"きたきた捕物帖"シリーズに関するエピソードやコンテンツ、
さらに、宮部の同社刊行既刊文庫の情報も載っています。
 
宮きた2プレ1.jpg
 
ぜひご覧くださいませ。
 
 
そして、新刊『子宝船』の購入者プレゼント企画も実施中です。
 
宮きた2プレ2.jpg
 
詳細は、読者プレゼントページをご参照ください。
 
(三木謙次さんのイラストが、ぴったりハマっているんですよね...ノリ)

京極夏彦 公式ブログ

京極夏彦 公式ブログ

舞台 河童の三平

21/12/09

来週からです。

12月17日から(金)京極が脚本を担当した舞台 『河童の三平』が始まります。
kappanosanpei_01.jpg
ここまで長かったです。
2018年にこのサイトの事務局宛てに届いたメールから始まったお話なのです。
そのメールを読んで、うーん、と考えて返信したのを覚えています。
実現するとは少しも思ってもおりませんでした。その時点ではありえなかったのです。
そのあたりの経緯は、また改めてここに書こうと思います。

kappanosanpei_04.jpg
稽古の初日に京極と演劇集団円の皆様と顔合わせ&読み合わせにもお邪魔してまいりました。

kappanosanpei_02.jpg
我々は12月20日(月)16:00からの回に行ってまいります。
上演後に京極のアフタートークが行われます。
その回、現時点(12/9 午後5時)ではまだお席に余裕がありそうですよ。
公演の案内は、演劇集団円様のサイトにてご確認ください。
演劇集団円


kappanosanpei_05.jpg
すっかりはまっている私の時計は、ここ一ヵ月ほど河童の三平』仕様です(オーツカ・ハル)。

スタッフブログ

スタッフブログ

フェスでBiSH! 清掃員として現場デビュー!

22/6/06

先日、数年ぶりにフェスに行ってきました。(ノリ)
目的は...BiSH。
コロナ禍になってからファンになりました。"にわか"です。
解散宣言を知ったあとは、とにかくライブに行きたくて...
でも、単独ライブはぜんぜんチケットが取れません。
それで、フェスでもいいからとにかくライブを体感したい!
...と「メトロック」のチケットを購入。
 
BISH1.jpg
 
まあ、後ろの方からでも観れればいいかと思っていたら...
なんと事前抽選で前方エリアが当たって9列目をゲット!
ビギナーズラックとでも言いましょうか。ラッキーでした。
ただ、前方エリアが当たったことで、
新米の清掃員としてそれなりに準備をしなければなりません。
 (※知らない方のために...清掃員とはBiSHファンの呼び名です)
きっと周りはベテラン清掃員の方ばかり...。
ノリというか、雰囲気をこわしてはいけませんから。
とくに後ろの席の人に、「前のヤツ、モタモタしてて目障りだなあ...」
...と、不快な思いをさせたくないですもんね。
 
当日までに代表的な曲の振りを覚えることにしました。
基本的には手(腕)を振るだけなんですけど...
リズム感の無い私には、これが簡単なことではありません。
セットリストが事前にわかっていれば曲を絞れますが...。
一方、ライブはどんな選曲になるかも楽しみの一つです。
で、結局...まったく覚えられないまま当日を迎えました。
 
 
会場に着いたら、真っ先にBiSHのTシャツを購入。
 
BISH2.jpg
 
後ろ。背中というか首の下部分に、BiSHのロゴが入っています。
ライブ会場の清掃員として、Tシャツはマストですよね。
すぐに着用。これで気持ちが少し落ち着きました。
 
BiSHの出番まで3つの会場をブラブラ。
予想外の猛暑ではありましたが、フェスはイイですね!
コロナ禍になって以降、見たことないほどの人でごった返して
いましたが、マスクごしでも笑顔なのがわかります。
この感覚って久しぶりで...どんどん体が軽く、気分良くなって
きます。屋外で大音量で聴く生の歌は最高です。
知らないバンド、知らない曲でも心地よくなります。
 
 
さあ、いよいよBiSHの時間!
 
BISH3.jpg
 
9列目が結構前というよりも...
後ろにいるお客さんの数に圧倒されます。数万人!?
そして思ったとおり、みんなBiSHのTシャツを着ています。
ああ、とうとう清掃員として現場デビュー...。感無量。
 
ステージにBiSHの6人も登場しました。オオ~!
オープニングは...なんだっけこの曲...残念、出遅れ。
とりあえず手を振って、周りをキョロキョロ。...おっ!
4、5列前のベテラン清掃員さん、イントロからキレッキレの動き。
ステージを観る視界の端、私からちょうどいい位置です。
今日はこの清掃員さんの振りを参考にすることにしました。
 
BiSH7、清掃員さん3の割り合いで視界にとらえながら、
懸命に振りについていきました。
普段より(-2キロ)の体重。絞った体は仕上がりよく、
自分でも、今日は動きにキレがあるなあ...と感じました。
3曲目には心の中で師匠と呼んでいたベテラン清掃員さんと
振りがすっかりシンクロしてきて、嬉しくて嬉しくて...(笑)
...って。いやいや。
いつの間にか清掃員さんを観る割合が8ぐらいになってました。
本末転倒です。目の焦点をステージのBiSHに戻して...。
 
その後は「オーケストラ」をほぼ完ペキにこなし、
「星が瞬く夜に」では、BiSHと先輩清掃員の方々と会場が一体に!
もう泣きそうになりました...。
全8曲で完全燃焼。アドレナリンも出尽くした...もうじき57歳。
 
BISH4.jpg
 
 
BiSHの後...
飲み食いして、日陰で体力回復を待つも、もう気が抜けてて...。
残念ながら観たかった最後のサカナクションの前に退散。
フェス参加は体力もつけねば...ですね。
(フェス以降、清掃員デビューを自慢しまくりです...ノリ)