宮部みゆき

宮部 みゆき みやべみゆき,1960年生まれ,安寿,カラオケとテレビゲームが大好き。怪獣とUMAに興味しんしん。怖がりのくせにJホラーにもハマり中。 著作リスト/立ち読み

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11   

北村薫さん×宮部みゆき スペシャルイベント

19/10/01

9月15日(日)丸善 丸の内本店さんにて、角川文庫Presents 北村薫さん×宮部みゆき スペシャルトークショー&サイン本即売会がおこなわれました。
kadokawa_20190915_01.jpg
宮部の朗読です。
朗読作品は、現在角川「俳句」10月号に掲載されている宮部の新作短編「鋏利し庭の鶏頭刎ね尽くす」です。

kadokawa_20190915_02.jpg
北村薫様とトーク。

kadokawa_20190915_03.jpg
パネル前にて。
写真は角川書店様からご提供いただきました。ありがとうございます。

ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

19/9/03

TBSラジオ「ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ」にお邪魔してまいりました。
tbsmygame_01.jpg
宮部は昔から宇多丸さんの大ファンなのです。
この日は宇多丸さんと宮部でゲームトークです。宮部からゲームの話を聞くのは久しぶりでした。

『トルネコの大冒険』から始まり、『メトロイド』を恐ろしく早いタイムでクリアして『タクティクスオウガ』を1年半かけて15周、って凄いですよね。それとゲームの攻略本のコレクションの話しにも、やらないゲームの攻略本を読むのも好きという話しなども。

tbsmygame_02.jpg
何よりプレイしてきたゲーム一つ一つの記憶力が凄い。
一時、宮部と『ソウル・サクリファイス』というゲームにはまっていたのですが、細かく仕様やストーリーを覚えているんです。私は通勤時に攻略本を読むのを日課にしていたくらいはまっていたのですが、まったく内容を忘れてしまっておりました(メモリは掃除機で吸い込んでしまい紛失しました)。
あとパズルゲーム系では『文字ぴったん』というゲームにはまっていたようです。

tbsmygame_07.jpg
VR初体験もさせていただきました。

tbsmygame_08.jpg
プレイさせて頂いたのは『人喰いの大鷲トリコVR(DEMO)』。そうとう気にいったようで、今プレイステーションVRを置くスペースを考えているようです。

tbsmygame_06.jpg
放送は9月12日(木)と19日(木)を21:00-21:30予定しております。
発売中の『さよならの儀式』(河出書房新社)も番組内で取り上げてくださいました。宇多丸さんありがとうございました。

番組ホームページはこちらです。
TBSラジオ「ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ

tbsmygame_04.jpg
こちらの写真で宇多丸さんがお持ちになられているのは番組のロゴ入りステッカーです。

tbsmygame_05.jpg
漫画家の山本さほ先生のイラストです。
ゲストへの質問のメールがとりあげられると頂けるそうです(オーツカ・ハル)。

『さよならの儀式』刊行記念イベント

19/8/08

宮部の新刊『さよならの儀式』(河出書房新社)の刊行を記念して、ゲンロンカフェさんで開催されている -大森望のSF喫茶 #31- にお邪魔してまいりました。
genroncafe_01.jpg
この模様はニコニコ生放送でも配信されておりました。
そして、明日8/9まで公開されております。
ゲンロンカフェ こちらで明日の18:00まで公開されているようです(有料です)。
当日と同じように冒頭19分ほどは無料で視る事ができます。

genroncafe_02.jpg
前半は主に好きな映画や怪獣の話、そしてゲームの話。
大森望さんのアロハが素敵でした。

genron_03.jpg
『さよならの儀式』の話にシフトチェンジしてくださる大森望さん(ありがとうございます!)。
NOVAなどに収録されていた短編を集めた一冊です。「杉村」とも「三島屋」ともちょっと違った作品の集まりです。皆様是非是非よろしくお願いします。
お勧めのSF小説の話しなども、ジェイムズ・P・ホーガンの『星を継ぐもの』を挙げていました。

genron_04.jpg
終了後に壁にサインを。ゲンロンカフェさんに行く機会ありましたら、是非探してみてください。

ご来場、ご視聴いただいた皆様、大森望様、ゲンロンカフェ様ありがとうございました。
私は『さよならの儀式』の中では「聖痕」にはまりました(オーツカ・ハル)。

『黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続』

19/8/01

kurotake_01.jpg

昨日(7月31日)をもちまして、毎日新聞朝刊に連載されていた『黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続』は
最終回を迎えました。
藤枝リュウジ先生、そしてご購読されていた皆様ありがとうございました。

kurotake_03.jpg
昨年の8月1日からスタートしてまる一年、全353回でした。
藤枝リュウジ先生のイラストも毎日楽しみにしておりました。

kurotake_02.jpg
毎日切り貼りしていた、このスクラップブック作成作業も一旦お終いです。
購読されていなかった皆様も書籍化楽しみにしていてください。今回の『三島屋』もスゴイです。

そして告知です(現在8月1日)。
明日ゲンロンカフェさんにて、大森望氏と宮部のトークイベントがございます。

genron_01.jpg
『さよならの儀式』(河出書房新社)刊行記念イベントです。(大森望のSF喫茶 #31)
有料ではありますが、ネットでも視聴できます。

genron_02.jpg
ニコニコ生放送へのログイン登録と、1,000円分のニコニコポイント購入が必要なようです。
(ここ説明足りなかったらごめんなさい)

詳しくは下記リンク先をご参照ください(オーツカ・ハル)。
大森望のSF喫茶 #31 宮部みゆき『さよならの儀式』(河出書房新社)刊行記念トークイベント

舞台「魍魎の匣」観劇

19/6/27

初日3ショット前.jpg
 
 
天王洲銀河劇場の魍魎の匣、
初日に観せていただきました。
素晴らしいです!
京極堂シリーズのファンは必見ですよ。
 
 
初日3ショットl.jpg
 
(終演後、中禅寺役の橘ケンチさんと記念撮影!)

二十数年ぶりに「お徒歩企画」敢行!

19/5/17

元号が令和になった5月某日、

二十数年ぶりに都内でお徒歩企画が敢行されました。
 
 
宮部令和お徒歩l.jpg
(写真提供:新潮社)
 
 
宮部は若い初参加メンバーに遅れをとらないよう
水中ウォーキングで下半身強化をして臨みましたが...
途中でアルコールを補給しそうな初代"平成お徒歩"メンバーは
はたして無事にゴールできたのでしょうか?
 
この様子は、
新潮社&LINEノベル企画で発表、掲載されることになっております。
詳細はおってお知らせいたしますね。
どうぞお楽しみに!
(代理:ノリ)
 
 
こちら、
 
宮部令和お徒歩1.jpg
 
電子版もございます。

新潮講座

19/4/23

4月17日新潮社さんでおこなわれた新潮講座に行ってまいりました。
タイトルは「読む楽しみ、書く愉しみ -宮部みゆきの世界-」
講師は宮部みゆき、聞き手は読売新聞編集委員の鵜飼哲夫様です。

会場は新潮社さんです。
新潮講座_04.jpg
たくさんの方がいらしておりました。

新潮講座_01.jpg
学生時代の作文の話しや、そしてデビューから今に至るまでのお話し。

新潮講座_02.jpg
聞き手の鵜飼哲夫様の質問がとても面白いんです。私らスタッフが聞いた事もないような話しをぐいぐいと聞き出すんです。

新潮講座_03.jpg
上にも少し書きましたが、作文が得意ではなかったというお話しや、『火車』や『ソロモンの偽証』がどうやって生まれたのか、とても興味深かったです。


鵜飼様の恋愛小説は書かないんですか(ここをぐいぐいとされてました)、という質問に対する宮部の答えが興味深かったです。
ミステリーは犯人が捕まれば終わるけど、恋愛はそんな簡単に終わらないじゃないですか、と。
本当に普段聞いた事のない話しが色々聞けました。あっという間の1時間半でした。
ご来場いただいた皆様、鵜飼哲夫様(写真掲載のご快諾ありがとうございました)、主催の新潮社様ありがとうございました(オーツカ・ハル)。

オーディブル文学

19/4/16

amazonのaudible

有料会員向けオリジナル企画「オーディブル文学」
宮部がゲスト参加。
伊集院静さん、阿川佐和子さんと鼎談しております。
 
宮部文学館.jpg
 
(代理:ノリ)

角川文庫70周年×三省堂書店池袋本店3周年企画

19/2/07

1月20日(日)に角川文庫70周年×三省堂書店池袋本店3周年企画イベントがおこなわれました。
宮部と京極が参加しました。kado_san_0122_08.jpg
京極の『虚実妖怪百物語』刊行記念 イベントでもあります。
自立しております。

kado_san_0122_06.jpg
京極の朗読からスタート。
読んだのは「鵺」です。数年前におこなわれたイベント「栗山千明の新月朗読館」用に京極が書き下ろした短編です。あのイベント以後、公開は初です。

そして宮部。
kado_san_0122_07.jpg
宮部が朗読したのは、現在毎日新聞で連載中の三島屋シリーズ『黒武御神火御殿(くろたけごじんかごてん)』の第三話「同行二人」の前半から中盤にかかる部分です。
持ち時間は15分なので、ダイジェスト的な説明をしつつの朗読です。

kado_san_0122_09.jpg
こちら亀一さんです。イラストは藤枝リュウジ先生によるものです。
何故、亀一の後ろを・・・。是非読んでいただきたいです。

kado_san_0122_03.jpg
そしてフリー(かなりフリー)トーク。

kado_san_0122_04.jpg
そして著者自身によるサイン本の販売。

kado_san_0122_10.jpg
お客様と対面してお話ししながらの販売は、二人とも楽しそうでした。

このイベントに参加するために、いらしていたお客様ご苦労されたようです。
ありがとうございました(オーツカ・ハル)。

la kagu 朗読イベント

18/12/25

la kagu 朗読イベント、無事に終わりました。
 
宮部ラカグ121.jpg
 
ありがとうございました。
 
宮部ラカグ122.jpg

   1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11